若江の戦い ~豊臣の若武者・木村重成の最期の戦いである大坂夏の陣

若江の戦い ~豊臣の若武者・木村重成の最期の戦いである大坂夏の陣

 若江の戦いとは、大坂方豊臣家と江戸幕府との間で行われた大坂の陣の戦いの一つであり、豊臣家の若き武将である木村重成が奮戦するも討死した戦いとして知られています。
 またこの戦いは八尾の戦いとも連動しているため、八尾・若江の戦いともいわれます。

 若江の戦い(わかえのたたかい)
 年月日  1615年(慶長20年)
 場所   河内国若江郡若江村付近
 交戦勢力 豊臣軍 対 江戸幕府軍
 指揮官  豊臣軍:木村重成
      江戸幕府軍:井伊直孝
 戦力   豊臣軍:6,000
      江戸幕府軍:9,500
 結果   江戸幕府軍の勝利

河内方面での迎撃

 大坂冬の陣において、大坂城は堀を全て埋められたことで野戦による迎撃しか手段が残されておらず、それに対して江戸幕府軍は河内、大和、紀伊方面より軍勢を侵出させました。

 その中の河内方面隊は藤堂高虎・井伊直孝らを先鋒に進軍。
 大坂方はこれに対し、低湿地帯で迎撃することで混戦に持ち込み、大部隊の利点を殺ぐ戦術を用います。

 迎撃部隊として大坂城を出発したのが、木村重成率いる兵6.000と長宗我部盛親率いる兵5,300でした。
 長宗我部盛親は八尾にて藤堂勢の中軍を迎え撃つことになり、木村重成は若江にて藤堂勢に右翼を迎え撃つことになります。

木村重成の進路と開戦まで

 木村勢は慶長20年の5月2日に大坂城を進発。
 5月5日朝に、今福方面を偵察し、幕府軍がここを進路とする可能性は低いとみた重成は、河内方面軍の本隊である徳川家康・秀忠の側面を突くために、若江に兵を進めます。

 途中の行軍は順調ではなかったようで、道を間違えてしまうなどの問題も発生しました。これは重成自身がまだ若く経験不足であり、また兵の錬度不足も原因であったようです。

 5月6日の午前4時頃、藤堂隊右翼の藤堂良勝が、若江へと進軍する木村勢を発見。藤堂良勝は木村重成の意図を見抜き、高虎へと開戦を進言。これを受けて高虎は開戦を決断し、両軍は激突することになります。

若江の戦い

 若江に着陣した木村勢は、幕府軍の来襲に備えます。
 その木村勢に対し、藤堂隊右翼である藤堂良勝、藤堂良重が攻撃を開始。木村はこれを迎撃し、藤堂勢は敗走しました。この時に良勝、良重は戦死します。

 その後、藤堂勢と共に先鋒を務めていた井伊直孝が転進し、若江へと進軍。木村勢への攻撃を決断します。

 重成は藤堂勢を破った後、兵を集めて更なる敵の来襲に備えました。
 この時に重成の家臣が、兵は疲れており、次戦えば敗北する、と諌めますが、重成はこれを一蹴し、来襲する井伊勢への攻撃を敢行します。

 井伊勢の左翼・川手良列は木村勢へと突撃を開始。
 木村勢は後退し、川手隊は更に突進し、その末に川手良列は討死します。

 そこに右翼・庵原朝昌も参加。
 両軍は激戦となり、重成自身も奮戦するも、つには庵原朝昌に討ち取られました。

 これによって木村本隊は壊滅。
 木村勢の左翼であった木村宗明は本隊の敗北により、大坂城へと撤退し、若江の戦いは豊臣方の敗北で終わりました。

 しかし勝利した幕府軍も、藤堂・井伊勢ともに大打撃を受け、翌日行われた天王寺・岡山の戦いでの先鋒を辞退せざるを得なくなったといいます。

 またこの戦いは豊臣方が意図したように低湿地帯で行われ、大規模な部隊での戦闘が出来ず、小規模な軍勢での戦いに終始したことで、消耗戦の様相を呈することになりました。
 そのため勝利した井伊勢もまた、大損害を被る結果になったわけです。

スポンサードリンク

大坂の陣 関連&参考ページ

大坂の陣 ~冬の陣から夏の陣へ、豊臣家滅亡と元和偃武
真田丸の戦い ~真田日本一の兵を知らしめた、大坂冬の陣
樫井の戦い ~塙団右衛門(塙直之)の最期、大坂夏の陣の前哨戦
道明寺の戦い ~後藤又兵衛の最後の戦いである、大坂夏の陣
八尾の戦い ~長宗我部盛親が藤堂高虎に勝利した、大坂夏の陣
天王寺・岡山の戦い ~戦国時代の終焉か、大坂夏の陣最終決戦
大坂城五人衆

合戦カテゴリの最新記事