鳥居忠吉 ~三河武士の根底を作り上げた忠臣

鳥居忠吉 ~三河武士の根底を作り上げた忠臣

鳥居笹 鳥居忠吉とは戦国時代の武将であり、徳川氏(三河松平氏)家臣です。
 伏見城で玉砕した鳥居元忠の父として知られます。

 鳥居忠吉 (とりい ただよし)
 生年  不詳
 没年  1572年(元亀3年3月25日)
 家紋  鳥居笹
 主君  松平清康⇒松平広忠
     ⇒徳川家康
 親   父:鳥居忠明
 兄弟  女(松平家信室)
 子   忠宗 本翁意伯
     元忠 忠広
     娘(三宅政貞室)
     娘(松平重勝室))

目次

来歴

 鳥居忠吉の生年は分かっていません。

 ただ死去した際の年齢が80歳程度だったとされているため、文明から明応年間にあたる、15世紀末の生まれであるとされています。

 忠吉は三河国の戦国大名であった、松平清康に仕えました。

 しかし清康は1535年(天文4年」)、家臣の阿部正豊に斬られ横死。
 いわゆる森山崩れです。

 この事件を機に松平宗家は分家の松平信定に対抗できないほど弱体化。
 清康の跡を継いだ松平広忠は、駿河の戦国大名・今川氏の傘下に入り、命脈を保つことになります。

 しかし広忠もまた暗殺されて死去。
 子の竹千代(徳川家康)はまだ幼く、その身柄は駿府へと預けられることとなり、松平氏の居城であった岡崎城は今川氏の管理化に置かれることになりました。

 この間、岡崎には今川氏より城代が派遣されましたが、実際の統治は忠吉や阿部定吉によって成立していたとされます。

 しかし領地からの収穫は今川氏への分配もしなくてはならず、松平一党はその日の生活にも困窮するようになったといわれます。

 そのような財政難の中、それでも忠吉は将来に家康が岡崎に帰参する日に備えて倹約・蓄財しました。

 そして阿部定吉が死去すると、松平の家臣団は忠吉を中心にさらに結束。
 非常に貧しく苦しい中でもいざ合戦となれば、勇猛な戦いを見せつけたといわれています。

 この忠誠心こそ、後世に三河武士としての名声を知らしめることになりますが、その根幹は忠吉によって植えつけられたといっても過言ではありませんでした。

 1560年(永禄3年)、桶狭間の戦いが今川氏と織田氏の間で勃発。

 急襲を受けた今川義元は討死し、これを機に徳川家康は岡崎城へ入り、独立。

 その際に忠吉はこれまで溜め込んだ財を見せて、家康に感謝されたといわれています。

 この頃にはすでに高齢となっていた忠吉は、その後岡崎城の留守を守りました。

 忠吉の忠義ぶりは朝廷にも知られていたようで、『言継卿記』に記述が残されています。

 そして1572年(元亀3年)に死去。

 忠吉の長男は1547年(天文16年)の渡の戦いで討死しており、次男の本翁意伯は出家していたため、三男であった元忠が家督を継ぎました。

 鳥居元忠も父同様、忠臣として知られ、1600年(慶長5年)の伏見城の戦いにおいて玉砕し、三河武士の鑑と評されることになります。

スポンサードリンク

徳川家カテゴリの最新記事