武田義信 ~武田氏混乱の序曲か、義信事件

武田義信 ~武田氏混乱の序曲か、義信事件

武田菱 武田義信とは戦国時代の武将であり、甲斐国の守護大名・武田信玄の嫡男です。
 義信事件によって廃嫡され、甲府東光寺に幽閉されてその後死去しました。

 武田義信 (たけだ よしのぶ)
 生年  1538年(天文7年)
 没年  1567年(永禄10年11月19日)
 改名  太郎⇒義信
 家紋  武田菱(たけだびし)
 親   父:武田信玄 母:三条の方
 兄弟  海野信親 信之 黄梅院
     見性院 勝頼 真竜院
     仁科盛信 葛山信貞
     信清 松姫 菊姫
 妻   正室:嶺松院
 子   女子:園光院

来歴

 義信は1538年(天文7年)に、武田信玄の嫡男として誕生しました。
 武田信虎の孫にあたります。

 母は三条の方で、公家の三条公頼の娘であり、父・信玄の正室となった経緯には、武田氏と同盟関係にあった今川氏の斡旋があったとされています。

 1550年(天文19年)に元服。

 この年、駿河の戦国大名・今川義元の娘である嶺松院を正室に迎え、今川氏との関係はより強固なものとなりました。

 また傅は飯富虎昌が担ったとされています。

 1553年(天文22年)、名を義信に改めます。
 これは甲斐武田氏の歴代の中で、初めて室町幕府将軍の通字であった「義」の字を受けたとされています。

 1554年(天文23年)には初陣。
 信濃国佐久郡の知久氏を攻めました。

 この初陣では知久氏の反乱を鎮圧し、さらには小諸城まで降伏させるなどの活躍をみせています。

 また1561年(永禄4年)に行われた第4次川中島の戦いにおいても従軍し、武功を挙げました。

 この時の川中島での戦いにおいて、義信は上杉謙信の本陣が休憩をとっているところに手勢800を率いて急襲し、不意を突かれた謙信の旗本の過半数は敗走、志田源四郎義時、大川駿河守高重が討死し、さらには謙信すら防戦一方になる有様であったといわれています。

 その後1565年(永禄8年)、武田信玄暗殺を企てた謀反に関わり、甲府東光寺に幽閉。
 1567年(永禄10年)に、東光寺にて死去しました。

義信事件

 1564年(永禄7年)、義信の傅役であった飯富虎昌や、側近の長坂昌国、曽根虎盛らが武田信玄の暗殺を密談。

 しかしこの計画は虎昌の実弟であった、飯富三郎兵衛(山県昌景)によって発覚し、1565年(永禄8年)、虎昌をはじめとする首謀者は処刑され、その配下であった80騎の家臣団は追放となりました。

 同年には義信は東光寺に幽閉。
 正室であった今川義元の娘とは離縁。
 さらには武田氏の家督を継ぐ、後継者としての地位をも失いました。

 代わりに信玄は義信の異母弟であった諏訪勝頼に、織田信長の養女であった龍勝院を迎えて、体外的には新たな誼を結ぶようになります。

 この義信事件に関して、詳しい背景や動機は不明であるものの、第4次川中島の戦いの顛末や、諏訪勝頼が高遠城の城主になったことを受けて、義信に何らかな不満が生じたから、とも考えられているようです。

 この事件により、今川氏との関係が悪化。
 川中島の戦い以後、北信は比較的安定するようになり、信玄は対外方針を北から南に転換して、のちに駿河侵攻が行われることになりました。

 この対外方針の転換を巡って、今川派であった義信と、今川への侵攻を志向するようになった信玄との間に確執が生じた、とも考えられています。

スポンサードリンク

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
武田義信  65  58  38  48

 信玄の息子としては物足りない能力。
 川中島での活躍も、あまり評価されていない模様。
 やはり義信事件での廃嫡がマイナス評価に繋がっているようですね。
 信玄のように謀反に成功していれば、その限りではなかったのかもしれませんが。

甲斐武田家カテゴリの最新記事