武田信虎 ~甲斐国統一を果たした、武田信玄の父

武田信虎 ~甲斐国統一を果たした、武田信玄の父

武田信虎

武田菱 武田信虎とは戦国時代の武将であり、甲斐国の守護大名、また戦国大名です。
 甲斐武田氏の18代目当主で、武田信玄の父親にあたる人物になります。
 のちに信玄に甲斐を追放されました。

 武田信虎 (たけだ のぶとら)
 生年  1494年(明応3年1月6日)
 没年  1574年(天正2年3月27日)
 改名  信直⇒信虎
 別名  無人斎道有
 家紋  武田菱(たけだびし)
 親   父:武田信縄 母:岩下氏
 兄弟  勝沼信友 桜井信貞
     吸江英心 女(小山田信有室)
 妻   正室:大井の方
     側室:今井氏娘(西昌院)
        楠浦氏 工藤氏
        松尾氏 上杉憲房前室
 子   竹松 晴信(信玄) 犬千代
     信繁 信基 信廉 信顕
     一条信龍 宗智 松尾信是
     河窪信実 信友 勝虎 定恵院
     南松院(穴山信友室) 禰々
     花光院(浦野氏室)
     亀御料人(大井信為室)
     下条信氏室
     禰津神平(元直長男)室
     葛山氏室
     菊御料人(菊亭晴季室)

武田宗家

 信虎の出生は1494年(明応3年)もしくは1498年(明応7年)であるとされ、甲斐武田氏17代当主であった、武田信縄の嫡男として誕生しました。
 当初、信直と名乗っています。

 当時の甲斐国は、1416年(応永23年)に勃発した上杉禅秀の乱に、甲斐守護であった武田信満が加担し、滅亡。
 これにより甲斐には守護不在という事態になって、穴山氏や小山田氏、跡部氏などが台頭して乱国と化していました。

 1465年(寛正6年)に、武田信昌が跡部景家を滅ぼして甲斐国での実権を握り、1492年(明応元年)にその子の信縄が家督を相続。

 しかし信昌は信縄の弟であった油川信恵に家督を譲ろうとしたため、武田家中は信昌・信恵派と信縄派に分裂することになってしまいます。

 結局、信縄が家督を継ぐことになったものの、1507年(永正4年)には信縄は死去。

 この後を信虎が継ぐこととなるのですが、再び信恵派との間に抗争が再開されることになってしまいます。

 信恵は弟の岩手縄美、栗原昌種、都留郡の国衆であった小山田弥太郎や、河村氏、工藤氏、上条氏と結んで信虎に対抗。

 しかし1508円(永正5年)の坊峰合戦において、信虎は勝利し、信恵は戦死。
 これにより、武田宗家は信虎によって統一されることになったのです。

甲斐統一まで

国衆との戦い

 信恵の滅亡に際して小山田弥太郎も戦死し、工藤氏や小山田一門の小山田平三は伊勢氏(後北条氏)のもとへと亡命。

 信虎は1509年(永正6年)に都留郡に侵攻して、弥太郎の跡を継いだ小山田信有と戦い、信虎は自身の妹を嫁がせることで和睦し、小山田氏を従属させました。

 1513年(永正10年)には甲斐河内領の穴山信懸が子の穴山清五郎によって殺害される事件が起きます。

 当時、信懸の娘は武田氏の本拠であった川田に居住しており、武田信昌もしくは武田家の有力家臣に嫁いでいた可能性が高く、武田氏と信懸は友好関係にありました。
 しかし一方で、今川氏親や北条早雲との関係もあったとされ、このような複雑な関係の中で清五郎と対立し、殺害に及んだのではないかとされています。

 その後、穴山氏の当主となった穴山信風は今川氏に帰属。
 そして1515年(永正12年)になると、今川氏は甲斐へと侵攻しました。

 さらに大井信達、信業親子といった西郡の国衆も今川方へと帰属。
 信虎は小山田信有と共に大井氏の本拠であった富田城を攻めるも敗退。
 家臣であった飯富道悦、飯富源四郎が討死します。

 1516年(永正13年)には、再び今川氏が甲斐へと侵攻。
 勝山城を占拠し、各地を放火しました。

 1517年(永正14年)に今川氏は大河内貞綱、斯波義達が曳馬城攻めを行っていたこともあり、今川氏当主であった今川氏親は信虎と和睦。
 これにより今川軍は甲斐から撤退しました。

 1520年(永正17年)には、これまで戦ってきた大井氏とも和睦、大井信達の娘であった大井夫人を正室に迎えることになります。

躑躅ヶ崎館

 これまで甲斐国の守護所は石和館に置かれていたのですが、1518年(永正15年)、信虎は甲府へと移し、躑躅ヶ崎館を建設します。

 また詰城として、要害山城を築城。

 1521年(永正18年)には今川氏配下の福島正成に率いられた今川軍が、河内地方へと侵攻。
 飯田河原の戦い、上条河原の戦いにて信虎は撃退に成功しました。

 この戦いの最中、要害山城にて嫡男であった武田晴信(武田信玄)が誕生します。

スポンサードリンク

外征

 甲斐を統一した信虎は、その後対外勢力との戦いが行われるようになります。

 信虎の外交路線は、両上杉氏と結んで伊勢氏(後北条氏)と敵対する従来のものを継承し、1524年(大永4年)には相模国奥三保、また武蔵国秩父へと侵攻。

 この遠征後、いったん北条氏綱と和睦するものの、氏綱が越後の長尾為景と結んで上野侵攻を図り、信虎へと領内の通過を要請します。

 しかし信虎はこれを拒否し、和睦は破れました。

 また同年には諏訪に出兵し、大敗を喫します。
 この時に荻原備中守が戦死しました。

 1526年(大永6年)には梨の木平で北条氏綱を破るも、北条軍とは一進一退が続きます。

 1527年(大永7年)には今川氏親が死去し、嫡子の今川氏輝が家督を継承。
 これにより、今川氏と一時的に和睦することになります。

 1528年(享禄元年)には、信濃国の諏訪を攻めるも、敗退。

 このように信虎は外征を行う一方で、上杉氏との関係を保っており、1530年(享禄3年)には扇谷上杉氏の当主・上杉朝興の斡旋によって、山内上杉氏の前関東管領・上杉憲房の後室を側室に迎えるなどし、関係強化を図っています。

 また上杉氏と関係の深い小弓公方・足利義明とも外交関係を持っていたとされています。

 ただこのように上杉氏との関係に対し、家中では反対の声もあり、1531年(享禄4年)には栗原兵庫、今井信元、飯富虎昌らが反旗を翻し、諏訪頼満と同調。さらには大井信業もこれに呼応するも、信虎は撃破しています。

 1533年(天文2年)には、嫡男である晴信の正室に上杉朝興の娘を迎えることで、さらに関係強化を図っています。

対外関係

 1535年(天文4年)、諏訪頼満と会見した信虎は和睦し、同盟を結びました。

 1541年(天文10年)には今川氏において、当主・今川氏輝とその弟であった彦五郎が死去。
 お家騒動が勃発し、花倉の乱を経て、今川義元が跡を継ぐことになります。

 義元やその実母である寿桂尼との間に信虎と早くから関係があったようで、家督を継承した義元と信虎は同盟を成立させています。

 また信虎の長女であった定恵院が義元の正室となり、姻戚関係も結ばれ、さらにのちには義元の斡旋によって、晴信の正室に京の公家から三条公頼の娘である三条の方を迎えて関係強化を図りました。

 一方で今川氏と北条氏の間で第一次河東の乱が発生。
 もともと今川氏と北条氏は同盟関係にありましたが、今川氏と武田氏が同盟を結んだことに反発し、抗争に至っています。

 信虎は第一次河東の乱において、今川氏を支援。
 北条氏も甲斐へと侵攻するも、1539年(天文8年)には両者は和睦し、乱は終結しました。

 1536年(天文5年)には、嫡男・晴信が初陣。
 1540年(天文9年)には今井信元を降伏させます。

 また同年には信虎の娘である禰々が諏訪頼重に嫁ぎ、諏訪氏との関係強化が為されています。

 信虎は諏訪氏以外にも村上義清とも結び、1541年(天文10年)には信濃佐久郡へと遠征。
 海野平の戦い敗北した海野棟綱は関東管領であった上杉憲政を頼り、信虎は同盟相手の山内上杉氏との対立を避けて、甲斐へと撤兵しました。

信虎追放事件

 1541年(天文10年)、信濃より凱旋した信虎が今川義元に会うため駿河へと赴いた最中、晴信は甲斐と駿河の国境を封鎖し、信虎を強制的に隠居へと追い込みます。

 これには板垣信方甘利虎泰といった譜代家臣も加担しており、これらの支持を背景に晴信は信虎を駿河へと追放し、その家督を継承しました。

 以後、信虎は娘婿であった今川義元のもとに寓居することになります。

 この信虎追放事件の背景には諸説考えられており、信虎は次男の武田信繁を偏愛して晴信を疎んじ、廃嫡を考えるようになったことで晴信と対立し、晴信が先手を打ったという説や、今川義元と共謀したなどといった説があります。

 信虎の代においては幾度と無く外征を行っており、甲斐国内では重い負担に怨嗟の声が上がり、信虎の追放は結果的に歓迎されることになりました。

 信虎には悪行伝説がつきまとうのですが、それが本当であるかどうかは疑わしいところもあり、のちに追放を正当化するために印象操作を行ったのではないか、という説もあるようです。

 追放後、信虎は駿河や京にて過ごしました。

 1573年(元亀4年)に、西上作戦の途上で嫡男・信玄が死去。
 その跡は武田勝頼が継いでおり、信虎は1574年(天正2年)、自身の三男であった武田信廉の居城であった高遠城に身を寄せて、そのまま高遠の地にて死去しました。享年81。

武田信虎の人物像

 ・非常に傲慢で粗暴であったとされ、次々に家臣を手打ちにしたといわれています。内藤虎資、馬場虎貞、山県虎清、工藤虎豊が成敗され、絶えたこれらの名跡を、のちに子の信玄が復活させています。山県昌景馬場信春内藤昌豊など。

・信玄との父子仲は悪かった一方で、信繁や信廉らとの仲は良かったとされており、信廉が残した信虎の肖像画が現存しています。

・名刀であった宗三左文字を所有し、その後今川義元、織田信長、豊臣秀吉、豊臣秀頼徳川家康へと伝えられていくことになります。

甲斐武田家(甲斐源氏)歴代当主

 第1代  源義光  1045年~1127年
 第2代  源義清  1075年~1149年
 第3代  源清光  1110年~1168年
 第4代  武田信義 1128年~1186年
 第5代  武田信光 1162年~1248年
 第6代  武田信政 1196年~1265年
 第7代  武田信時 1220年~1289年
 第8代  武田時綱 1245年~1307年
 第9代  武田信宗 1269年~1330年
 第10代  武田信武 1292年~1359年
 第11代  武田信成 生年不詳~1394年
 第12代  武田信春 生年不詳~1413年
 第13代  武田信満 生年不詳~1417年
 第14代  武田信重 1386年~1450年
 第15代  武田信守 生年不詳~1455年
 第16代  武田信昌 1447年~1505年
 第17代  武田信縄 1471年~1507年
 第18代  武田信虎 1494年~1574年
 第19代  武田信玄 1521年~1573年
 第20代  武田勝頼 1546年~1582年
 第21代  武田信勝 1567年~1582年
 第22代  武田信治 1572年~1587年
 第23代  武田信吉 1583年~1603年

スポンサードリンク

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
武田信虎  87  89  75  62

 統率、武勇が高く、知略もあるので戦争向きですね。
 子の信玄に比べると見劣りするものの、大名としては充分に優秀です。

甲斐武田家カテゴリの最新記事