武田信廉 ~武田信玄の影武者、逍遙軒信綱

武田信廉 ~武田信玄の影武者、逍遙軒信綱

武田菱 武田信廉とは戦国時代の武将であり、甲斐国の戦国大名・武田信虎の子です。
 武田信玄の弟でもり、武田二十四将の一人でもあります。
 のちに出家して逍遙軒と名乗りました。
 織田信長による甲州征伐で捕らえられて処刑され、主家滅亡と共にすることになります。

 武田信廉 (たけだ のぶかど)
 生年  1532年(天文元年)?
 没年  1582年(天正10年4月16日)
 別名  孫六 信廉 信連
     逍遙軒信綱(しょうようけんのぶつな)
 家紋  武田菱(たけだびし)
 主君  武田信玄⇒武田勝頼
 親   父:武田信虎 母:大井の方
 兄弟  竹松 信玄 犬千代 信基
     信顕 一条信龍 宗智
     松尾信是 河窪信実 信友
     勝虎 定恵院
     南松院殿(穴山信友正室)
     禰々  花光院(浦野氏室)
     亀御料人(大井信為正室)
     下条信氏正室
     禰津神平(元直の長男)室
     葛山氏室
     菊御料人(菊亭晴季室)
 子   信澄 大竜寺麟岳 開善寺珠山
     蟠翁文龍 女(仁科盛信室)
     女(河窪信俊室)
     女(小笠原信嶺室)
     救山宗温 女(大久保忠教室)

武田信玄家臣時代

外交・内政面

 武田信廉は1532年(天文元年)に武田信虎の子として誕生します。

 1541年(天文10年)、兄・信玄は父である信虎を駿河の今川義元の元へと追放し、家督を相続して武田氏当主となりました。
 これ以後、信玄は信濃への侵攻を活発化させ、翌年には諏訪氏を滅ぼします。

 信廉の名が見られるのはこの頃からで、1548年(天文17年)に信廉は諏訪衆の千野氏に対し、武田に謀反した諏訪西川衆の追放と所領没収を伝え、知行の増加を約束しているなどしているのが見受けられます。
 このことから信廉は、諏訪衆への取次役を担っていたと考えられているようです。

 また1551年(天文20年)には信玄の命により、今川義元の娘を、信玄の嫡男・武田義信の正室に迎えることを伝えています。

軍事面

 信廉は『甲陽軍鑑』によると、80騎を指揮したとされています。

 武田家臣団の編成を記したとする『軍鑑』によれば、武田一族を記した一門衆のうち、武田信豊の次に記載されており、1561年(永禄4年)の第4次川中島の戦いにおいて、兄・武田信繁が討死すると、親族衆の筆頭となりました。

 戦時には後方守備や本陣守備を務めました。

 1570年(元亀元年)には、高遠城の城主に任命されます。

武田勝頼家臣時代

一門の重鎮として

 1573年(元亀4年)、兄・武田信玄が死去。

 代がその後継者であった武田勝頼に移ってからは、飯田城代や大島城代といった要職を任される、一族の重鎮となります。

 信玄の死後、かつて甲斐国を追放された信廉の父・信虎が帰国を希望。
 これを受けて、信廉は信虎の身柄を受け取り、自らの居城であった高遠城に住まわせたとされます。

長篠の戦い

長篠の戦い
『長篠合戦図屏風』

 1575年(天正3年)、織田・徳川連合軍を相手に長篠の戦いが勃発。

 信廉は小幡信貞や武田信豊と共に中央隊に布陣。
 合戦が始まると、山県昌景に続く二番隊として攻撃を仕掛けました。

 しかし長篠の戦いは武田方の大敗で終結します。

甲州征伐

 1582年(天正10年)、織田・徳川による甲州征伐が開始。

 織田信長の嫡男・織田信忠を先鋒とした織田勢が侵攻すると、信廉は抵抗らしい抵抗もせずに、大島城を放棄。甲斐へと退却します。

 その後、主君・武田勝頼は天目山の戦いに敗れ、自刃。
 信廉は織田方の残党狩りにより捕らえられ、勝頼が自害した13日後に、各務元正、豊前采女らによって殺害されました。享年51。

武田信廉の人物像

 武田信廉は画家としても知られており、「武田信虎像」や「武田信虎夫人像」といった、現代において重要文化財とされる絵画を残しています。

 また信廉は、兄・信玄と骨相が似ているとされ、その影武者を務めたとされています。

 信玄が西上作戦の最中に病死すると、その死を隠すために信廉は信玄に成りすまし、軍の引き揚げを成功させました。
 またその死を疑った北条氏政が、信玄の死を確かめるために板部岡江雪斎を派遣した際も、信廉は影武者としてこれを迎え、欺いたともいわれています。

スポンサードリンク

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
武田信廉  29  28  43  59

 とても武田一門、家臣とは思えない能力。
 画才や影武者としての能力は、数値は反映されないとはいえ、悲惨なことになっています。
 ただ優秀すぎる家臣団の中に、こういった武将も混ざっていると、逆に落ち着く不思議もあるのですが。

甲斐武田家カテゴリの最新記事