高梨内記 ~真田信繁に最後まで従った、真田家家臣

NO IMAGE

 高梨内記とは戦国時代の武将であり、真田信繁(幸村)に仕え続け、主である信繁が果てた大坂の陣において、共に果てた人物として知られています。

 高梨内記(たかなし ないき)
 生年  不詳
 没年  1615年(慶長20年)
 別名  官位名:内記
 主君  真田昌幸⇒真田信繁
 親   父:高梨政頼か
 子   采女 真田信繁室

高梨政頼

 高梨内記は真田信繁に仕えていたこともあってか、その信繁の前半生がよく分かっていないことから、内記自身の記録も残っておらず、出生や名前なども不確かな人物です。
 内記、というのも本名ではなく、官位名とされています。

 一説によると、父親は信濃国中野を拠点としていた名門・高梨家当主である高梨政頼であるとされていますが、信憑性は今のところ不明なようです。

 高梨政頼は信濃の村上氏と共に、甲斐の武田信玄の侵攻を二度まで退けた人物です。
 しかし武田家の侵攻により徐々に領土を失い、越後の長尾(上杉)家への依存を強めていき、川中島の戦いなどで武田氏と戦い活躍するも、旧領回復には至りませんでした。

 正確な没年は分かってはいませんが、1576年(天正4年)頃とされているようです。

 ちなみにその子である女子の於北様と呼ばれる人物は、真田一門である真田信綱の正室になっています。
 真田信綱とは武田二十四将の一人で真田幸隆の長男であり、のちに家督を継ぐことになった真田昌幸の長兄で、父・幸隆の死により真田家の家督を継いだ人物です。

 つまり内記の姉に当たるかもしれない人物が真田家に嫁いでおり、真田家とも無縁でないことが伺えます。

高梨内記の生涯

 内記はまず真田昌に仕え、幸第一次上田合戦において戦功を立てたとされます。
 その後関ヶ原の合戦で真田家が二つに割れた際には、昌幸・信繁親子に従ったとされます。

 これは内記の息子である采女が乳兄弟であり、また娘である人物が、信繁の側室になっていたこともあって、両者の関係は非常に深かったと推測されます。

 ちなみに高梨采女という人物は、大坂の陣の際に信繁らと共に大坂入りしたとされ、その采女という名前から信繁の側室と同一視する説もあるようですが、これは誤りのようです。

 采女(うねめ)という名前は女官の官位名ということもあって、そういった可能性も考えられたようですが、ともあれはっきりしたことの分からない人物のようです。

 関ヶ原の戦いで西軍が敗れ、昌幸・信繁父子が九度山に配流された際にはこれに従い、昌幸が没した後も信繁に仕え続けたといいます。

 1614年(慶長19年)に大坂の陣が勃発すると、大坂からの誘いを受けた信繁に従い、大坂城入りを果たします。
 
 そして翌年の1615年(慶長20年)の大坂夏の陣において、信繁と共に戦死したとされています。

 ちなみに内記の娘である側室は二女をもうけ、その内一人は伊達家重臣・片倉重長の正室になりました。
 この縁により、仙台において信繁の遺児達が保護されることになっていったといいます。

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
高梨内記  64  60  59  65

 ごく平均的な能力ですね。
 高梨内記に関しての史料が乏しい以上、能力の参考にするものが無かったはずですから、このような能力値になったのかも。

真田家カテゴリの最新記事