太原雪斎 ~今川義元の軍師、黒衣の宰相

NO IMAGE

 今川家に仕えた武将であり、僧侶。
 特に今川義元に仕え、内政から軍事、外交に至るまでその手腕を発揮し、今川家の全盛期を現出した人物として知られています。

 太原雪斎(たいげん せっさい)
 生年  1496年(明応5年)
 没年  1555年(弘治元年)
 別名  九英承菊 太源崇孚 号:雪斎
 主君  今川義元
 親   父:庵原政盛 母:興津正信の娘
 兄弟  太年尼

今川義元との関係

 雪斎は1496年に、今川家の家臣である庵原政盛(いおはら まさもり)の子として生まれました。

 九英承菊(きゅうえい しょうぎく)と名乗っていた雪斎は、善得寺に入り、幼い頃の今川義元の教育係りを務めたとされています。

 義元と初めて出会ったのが、1522年頃のこととか。
 義元は今川氏親の三男であり、この頃は出家していて栴岳承芳という名前で知られています。

 雪斎は義元と共に京でも修行をしていたようで、建仁寺や妙心寺などを渡り歩きました。
 そしてこの修行の最中に、義元は道号である栴岳の名を、雪斎はそれまで承菊という名乗りから雪斎という名前に改めたようです。

 ちなみに雪斎の秀才ぶりはこの頃から知れていたようで、今川家当主の氏親から今川家に仕えるよう、要請があったりしましたが、これを断って修行していたそうです。

 1535年に善得寺の住持であった琴渓承舜の法要が催されるために帰国し、善得寺へと戻ることになります。

花倉の乱と、義元の家督相続

 1526年に今川氏親が死去し、家督を継いだのは義元の兄である今川氏輝でした。

 ところが1536年に、氏輝は死去。その弟であり義元の兄であった今川彦五郎も同日に死去するという異常事態が発生します。
 まだ若かった氏輝には跡継ぎが無く、後継者候補として義元と異母兄である玄広恵探の間に家督争いが勃発しました。

 これがいわゆる花倉の乱であり、雪斎は寿桂尼らと共に義元に協力して玄広恵探を討ち、義元の家督相続が確定。

 義元としては自身の師であり、また家督相続を現実のものとした雪斎のことを信頼して重用します。そのため雪斎は今川家においての重臣となり、また義元の側近であり軍師として、辣腕を振るっていくことになります。

外交面の活躍 甲相駿三国同盟

 今川家の周囲には武田家、北条家といった有力大名がおり、時に関係が良くなり、時に悪くなるといった状況が続いてきました。

 雪斎はまず、関係の悪化していた武田家との関係改善を目指します。
 そのために義元の正室に、武田家当主・武田信虎の長女・定恵院を迎えました。また信虎の嫡子である晴信(武田信玄)に三条の方(公卿である三条公頼の娘)を世話し、武田と今川の間に同盟を成立させます。

 しかしことことが、すでに同盟関係にあった北条氏との関係を悪化させることになります。そのため北条家が今川領内に侵攻。河東の乱が発生します。
 いったん領地を奪われるものの、雪斎は巧みに関東管領を巻き込んで、更には武田と共に出兵。奪われた地を取り戻しました。

 1550年になると、定恵院が死去するために武田家との婚姻関係が途絶えるものの、すぐに義元の長女である嶺松院を武田晴信
の長男に嫁がせることで、関係維持をはかります。

 また関東の北条家との関係回復も目指し、1554年に北条氏康の娘である早川殿が、義元の嫡子である今川氏真のもとに嫁ぎ、姻戚関係が成立。その前年には武田信玄の娘・黄梅院が 北条氏康の子・北条氏政に嫁いでおり、これら政略結婚によっていわゆる甲相駿三国同盟が締結されました。

 この同盟締結にあたり、善得寺において今川義元、武田晴信、北条氏康という戦国時代きっての大名が直接顔を合わせたという、歴史的会見のことが伝説として残されています。もっともこれは、後世の創作であるようです。

三河併合

 外交面で力を発揮した雪斎でしたが、軍事面でも活躍します。

 駿河の隣国三河では、松平家と尾張の織田家との抗争があったのですが、松平広忠が援軍を求めてきたことを機に、三河へと出兵。織田信秀と戦い、これを破ります。

 またさらに信秀の長男・織田信広(ただし側室の子)を捕縛し、当時織田家に捕らわれていた松平竹千代(徳川家康)と交換する形で取り戻しました。これによって今川家の三河での影響力が増していくことになります。

 また軍事面だけでなく、商業政策も行い内政にも貢献。更には今川仮名目録などにも寄与するなど、その手腕を発揮しました。

 今川家に貢献し続けた雪斎ですが、1555年、駿河にて死去します。享年60。

雪斎が生きていれば

 後に徳川幕府を開くことになる家康は、雪斎のもとで学んだという説があったりします。確たる証拠は無いようですが、家康が後に活躍することを踏まえれば、子弟関係があったとしても、頷ける部分もあります。

 そしてよくいわれるのが、桶狭間の戦いです。
 雪斎が死去してから五年後の1560年に、織田信長との間で桶狭間の戦いが起きます。
 急襲された義元は敗死し、この後の今川家の滅亡のきかっけとなりました。

 もし雪斎が生きていれば、あの悲劇は無かったであろうとよくいわれ、歴史にもしもはありませんが、その「もし」があったとしたら、誰もが納得する話であるところに、雪斎の評価の高さが伺われます。

太源雪斎 関係年表

 1496年 庵原政盛の子として生まれる。
 1525年 上洛して修行。
 1526年 今川氏親死去。
 1535年 駿河に帰国。
 1536年 今川氏輝死去。花倉の乱勃発。
 1537年 甲駿同盟成立。
 1546年 三河へ介入。
 1547年 三河原城を落とす。
 1547年 第二次小豆坂の戦いで織田軍に勝利。
 1549年 織田信広を捕縛。松平竹千代を取り戻す。
 1553年 今川仮名目録追加21箇条の制定に寄与。
 1554年 甲相駿三国同盟の締結に尽力。
 1555年 雪斎死去。享年60。

スポンサードリンク

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
太源雪斎  85  62  96  93

 まさに軍師な能力。雪斎さえ健在ならば、恐れるものは何も無し、といった状態ですね。

人物カテゴリの最新記事