真田信繁(真田幸村) ~真田日本一の兵、古今これなき大手柄

真田信繁(真田幸村) ~真田日本一の兵、古今これなき大手柄

真田信繁(真田幸村)

真田六文銭 真田信繁とは真田昌幸の次男で、信繁という名前よりも真田幸村という名前で良く知られている人物です。

 主家である武田家の当主であった武田信玄の弟に武田信繁という人物があり、名前の由来であると思われます。
 通称は左衛門佐、もしくは源二郎。

 特に大坂の陣において、豊臣方として参戦し、江戸幕府軍を相手に勇敢な戦いをしたことで後世に記録が残り、講談などの題材に使われたことで広く知られるようになりました。

 真田信繁(さなだ のぶしげ)
 生年  1567年(永禄10年)
 没年  1615年(慶長20年)
 改名  弁丸⇒信繁
 別名  幸村 通称:源二郎 左衛門佐
 主君  上杉景勝⇒豊臣秀吉⇒豊臣秀頼
 親   父:真田昌幸 母:山手殿
 兄弟  村松殿 信之 信勝 昌親
 妻   竹林院 隆清院
     掘田作兵衛(興重)の妹
     高橋内記の娘
 子   阿菊 阿梅 あくり 幸昌
     なほ 阿昌蒲 おかね 
     守信 幸信 他

武田家の滅亡

 1567年(永禄10年)、もしくは1570(元亀元年)年に、真田昌幸の次男として誕生。
 信繁は通称・源二郎と呼ばれ、兄・真田信之は源三郎と呼ばれていました。

 父親である昌幸は、信繁の祖父である真田幸隆の三男でしたが、1575年(天正3年)に起きた長篠の戦いにおいて長兄、次兄が討死したこともあって、真田家の家督を継いでいました。

 1582年(天正10年)、織田・徳川連合軍の侵攻を受け、主家であった武田家が滅亡します。
 家臣であった真田家は織田家に恭順し、本領を安堵。
 信繁は織田家重臣であった滝川一益の人質として赴くことになりました。

 しかし同じ年の6月に、本能寺の変が勃発。
 これにより織田信長が死亡し、武田家の領地であった地域が空白化し、上杉氏・北条氏・徳川氏の三者によって該当地域の奪取のために争いが起きました。いわゆる天正壬午の乱です。

 信繁は一益が関東を離れる際に同行し、後に木曽義昌に引き渡されました。

 天正壬午の乱に巻き込まれた真田氏は上杉氏に従って自立。
 信繁は上杉氏の人質となります。

 そして1585年(天正13年)には第一次上田合戦が勃発。
 徳川氏と戦い、これを破りました。

豊臣家家臣として

 織田信長の横死後、家臣であった羽柴秀吉が台頭し、父・昌幸はこれに服属しました。
 これによって真田家は大名として扱われるようになります。

 信繁は人質として大坂へと移り、そこで大谷吉継の娘である竹林院を正妻として迎えました。

 1589年(天正17年)、小田原征伐が始まります。
 これは北条氏が真田氏の名胡桃城を攻めたことに端を発しました。

 この小田原征伐に伴い、父・昌幸と兄・信之は前田利家や上杉景勝と共に松井田城・箕輪城を攻め、信繁は大谷吉継らと共に石田三成の指揮下で忍城攻めに参戦します。

 1592年(文禄元年)の朝鮮出兵の際には、文禄の役において、父や兄と共に肥前名護屋城に在陣したとされています。

 1594年(文禄3年)には、従五位下左衛門佐に叙任。この時に豊臣姓を下賜されています。
 この信繁の出世には、豊臣家にあって重臣であった、大谷吉継の意向があったとされています。

 信繁の豊臣政権下での動向を知る資料は乏しく、具体的なことは分かっていないのが実情です。
 しかしどうやら秀吉の馬廻衆を務めていたことが分かっており、1万9000石の知行も有していたようです。

関ヶ原の戦い

 1600年(慶長5年)に、徳川家康が上杉景勝に対し会津征伐を敢行。
 これに対し、五奉行の一人であった石田三成が兵を挙げ、取って返した徳川家康による東軍と、三成による西軍が激突する関ヶ原の戦いが勃発します。

 信繁は当初、父・昌幸らと共に家康に同行し、会津へと向かっていました。
 しかし三成の挙兵を受け、父子三人は密議し、信繁と昌幸は西軍に、兄・信之は東軍につくことになり、袂を分かつことになりました。
 これがいわゆる犬伏の別れです。

 この関ヶ原の戦いに際し、東軍の徳川秀忠は中山道を制圧することを目的に進軍。信繁・昌幸父子は居城である上田城に篭り、これを迎え撃ちました。
 これが世に言う第二次上田合戦です。

 真田勢は寡勢であったものの、徳川軍はこれに手こずり上田城を攻略できず、家康の命によって進軍を続行しました。

 徳川軍主力を足止めすることに成功した真田勢でしたが、主力の到着を待つまでも無く、西軍は関ヶ原にて敗北します。

 西軍に味方した真田信繁、昌幸父子は、本来ならば死罪になるところでしたが、東軍に味方した兄の信之やその舅である本多忠勝の取り成しもあり、死罪は免れます。
 高野山へと配流になった信繁は、紀伊国へと向かい、九度山へと移りました。

 その九度山での配流の中で赦免されることなく、父・昌幸は1611年(慶長16年)に死去します。
 信繁は翌年の1612年(慶長17年)には出家し、好白と名乗りました。

大坂の陣

九度山脱出

 関ヶ原の戦いから14年がたち、1614年に起きた方広寺鐘銘事件をきっかけに豊臣、徳川の関係が悪化。
 両者の対立が避けられぬ状況に、豊臣方は各地の牢人を集め、戦力とする策をとりました。

 こうした中、信繁のいた九度山にも大坂から使者が派遣され、黄金200枚、銀30貫が贈られたといいます。

 信繁はこれに応じ、上田にいる父の元家臣たちを呼び寄せ、九度山を脱出。
 嫡男である真田幸昌と共に、大坂城に入りました。

 大坂城においては牢人の中核を為す五人衆の一人となり、こうして大坂の陣に臨むことになります。

大坂冬の陣

 豊臣方は当初、幕府軍に対して京、近江に進出して幕府軍を迎え撃つか、大坂城に籠城して迎え撃つかで意見が分かれていました。

 信繁は籠城策に反対し、積極的迎撃案を主張するも受け入れられず、籠城策がとられることになります。

 これに際し、信繁は大坂城の弱点ともいえる南側に、真田丸と呼ばれる出城を築きました。
 この真田丸の後方には深い谷があり、例え真田丸が陥落しても谷が自然の堀となって大坂城を防御できると見越し、この場所に築いたのではないかともいわれているようです。

 これまで真田の名前はあくまで父・昌幸の武名として知られていましたが、この真田丸の戦いにおいて、信繁は初めて自身の武名を轟かすことになります。

 大坂城を包囲した幕府軍は、1615年1月3日(慶長19年12月4日)に真田丸へと攻撃を仕掛けます。
 これに対し、信繁は長宗我部盛親らと共に効果的な迎撃で幕府軍を翻弄し大損害を与え、真田丸の戦いに勝利しました。

 幕府方にとってこの戦いの敗北は手痛いものでしたが戦局を左右するほどではなく、やがて両者は講和することになります。

家康からの寝返り工作

 冬の陣は講和によって終結するも、その条件によって真田丸は破却されてしまいます。

 また人的にも豊臣家の弱体を諮る徳川家康は、信繁の叔父にあたる真田信伊を派遣し、寝返り工作を仕掛けました。

 まず最初に「信州で十万石」という条件で説得するも、信繁はこれを断ります。
 しかし再度使者が訪れ、今度は「信濃一国」という破格の条件を提示したが、信繁は例え日本の半分をいただけたとしても裏切るつまりはない、と断ったといいます。

大坂夏の陣

 講和も束の間で、すぐにも再戦の機運が高まり、翌年には大坂夏の陣が勃発します。

 信繁は1615年(慶長20年5月6日)に行われた道明寺の戦いに参加。
 行軍の遅れから先鋒の後藤又兵衛が戦死する中、伊達勢と戦いこれを撃退します。

 この道明寺の戦いにおける行軍の遅れは、濃霧のためとも、真田勢が道を誤ったためともいわれています。

 この遅参によって後藤又兵衛を戦死させてしまったことに対し、信繁はこの場での討死を覚悟したとされていますが、同じ大坂城五人衆の一人である毛利勝永に説得され、翻意し、自らは殿を務めて伊達勢を撃破し、退却を成功させました。

 その際に「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候」と語った言葉は後々まで語り継がれることになります。

 追い詰められた豊臣方では、士気高揚のために豊臣秀頼本人の出陣を希望するものの、母親である淀殿や豊臣譜代の家臣らの反対にあい、叶うことはありませんでした。

 道明寺の戦いから一夜明けて、5月7日。
 信繁は最終決戦である天王寺・岡山の戦いに挑みます。

 この戦いでは真田勢や毛利勢が射撃と突撃によって家康本陣を孤立させ、明石全登がその本陣を急襲する、というものでした。

 しかし開戦にあたって作戦通りにはいかず、信繁は自身の武運拙きを嘆き、討死を覚悟したとされています。

 ところが豊臣方は背水の陣でもあったため、毛利勢を筆頭に全戦局において奮戦。幕府方は主将を次々に討ち取られ、大混乱となりました。

 そして図らずも家康本陣が孤立し無防備となってしまいます。

 信繁は松平忠直と戦い、この大軍を突破して家康本陣に肉薄。突撃を敢行します。

 この時の真田勢の猛攻は凄まじく、家康本陣の馬印は倒され、家康本人も逃げ回り、自害を二度も覚悟したほどであったといわれています。

 しかし結果的には家康を討ち洩らし、やがて兵力で劣る真田勢は押し戻され、敗走しました。

 信繁は四天王寺の近くにある安居神社にて休息をとっていたところを、松平忠直家臣である西尾宗次に見つかり、首を手柄にせよと告げ、討ち取られました。享年49。

 またある史料では、信繁を信繁と知らずに西尾宗次が声をかけ、互いに槍での一騎打ちとなった末に討ち取られたと記述もあるようです。

真田幸村の名

 現在、世間においては真田幸村の名が定着しているものの、実際には「信繁」の名前が正しいとされています。

 少なくとも信繁が生存中に幸村の名を名乗ったことはないようで、史料の中にその名前が出てくるのは大坂夏の陣終了後60年ほどたった1672年に敢行された『難波戦記』という軍記物が初出であるとされています。

 この「幸村」の名前のうち、「幸」は真田家の通字であったことから違和感無く、「村」という字は徳川にとって禁忌であた妖刀村正の名が由来とされ、使われたとされています。
 何にしろ、後世において勝手につけられた名前であったことは間違いないようです。

 ところがその「幸村」という名前があまりに定着し過ぎたため、兄である信之の子孫が治めた松代藩において、正式な家系図に中にまでその名前が採用されるようになりました。

真田十勇士

 真田十勇士とは、真田幸村に仕えたとされる10名の家臣の総称ですが、「幸村」の名前同様、架空の人物です。

 しかしその人物の由来となった、歴史上の人物も存在しています。

 十勇士は『真田三代記』と呼ばれる物語に登場する人物が原型になったとみられています。

 ・猿飛佐助…真田十勇士の第一。甲賀流の忍者。霧隠才蔵のライバル。

 ・霧隠才蔵…伊賀忍者。百地三太夫の弟子。石川五右衛門の兄弟弟子。

 ・三好清海入道…出羽国亀田の出で、縁戚にあたる真田家を頼って仕える。僧体の豪傑。

 ・三好伊左入道…三好清海入道の弟。兄と共に真田家に仕える。

 ・穴山小助…幸村の側近。真田家譜代の家臣。幸村の影武者。

 ・由利鎌之助…幸村に仕える豪傑。元は野田菅沼家に仕えるも、真田軍に敗れ、その後真田家に仕えた。

 ・筧十蔵…幸村の側近。父の代から仕えた重臣の家系。

 ・海野六郎…幸村の側近。真田家重臣の家柄。

 ・根津甚八…幸村の家臣。影武者。

 ・望月六郎…幸村の側近。

信繁の子孫

 信繁には子供が多くいましたが、そのほとんどは九度山での幽閉生活の際に生まれたとされています。

 ・真田幸昌(大助)…信繁の嫡男。九度山で生まれましたが、大坂の陣において自害した時はまだ若年で、子は残しておらず、真田信繁の嫡男の系統は途絶えました。

 ・真田守信…信繁の次男。伊達家の重臣である片倉重長に保護され、姓を改め片倉守信と名乗りました。のちに真田姓に戻しますが、幕府より逆賊の子を雇用したのではないかと嫌疑をかけられ、その際に信繁の次男は石打ちですでに死んでおり、守信は真田信伊の次男・政信の子と弁明します。
 お咎め無しとなり、しかし真田姓は憚って再び片倉姓に戻しました。

 この子孫である真田幸歓は幕末期に真田姓に戻しており、現在も存続しています。

 ・三好幸信…信繁の三男。大坂城落城後の慶長20年の7月に、三男の三好幸信(真田姓を名乗ることを憚り、外祖父・豊臣秀次の旧姓である三好姓を名乗る)が生まれています。

 ・阿菊…信繁の長女。母は堀田作兵衛(興重)の妹。すへ、とも。石合十蔵に嫁ぐ。

 ・阿梅…信繁の三女。母は高梨内記の娘。大坂の陣後、片倉家に身を寄せ、片倉重長の継室になります。子は無く、前妻の娘の子・景長を養子にしたとされます。

 ・なほ…信繁の五女。顕性院、御田姫、御田の方、とも。出羽亀田藩第2代藩主・岩城宣隆の側室。

 ・おかね…信繁の七女。石川貞清の正室。

真田信繁 関係年表

 1567年 真田昌幸の次男として誕生。
 1582年 武田家滅亡。織田家の人質になる。
     本能寺の変。
 1585年 第一次上田合戦。
 1589年 小田原征伐。忍城攻めに参加。
 1594年 従五位下左衛門佐に叙任。
 1600年 第二次上田合戦。
     関ヶ原の戦い。
     九度山に流罪。
 1611年 父・昌幸死去。
 1612年 信繁出家。
 1614年 大坂冬の陣。真田丸の戦いに勝利。
 1615年 大坂夏の陣。
     天王寺・岡山の戦いにて討死。享年49。

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
真田信繁  92  99  82  43

 チート揃いの真田家にあって、武勇の面で最強の人物。
 寿命の関係で真田三代が揃うことはありませんが、強すぎる一族ですねえ…。

真田家カテゴリの最新記事