真田丸の戦い ~真田日本一の兵を知らしめた、大坂冬の陣

真田丸の戦い ~真田日本一の兵を知らしめた、大坂冬の陣

 1614年(慶長19年)に豊臣、徳川の間で行われた戦いである大坂の陣、特に大坂冬の陣において戦われた戦いの一つで、豊臣方が勝利した戦いとして知られています。
 またその名の由来通り、真田信繁(幸村)の名が天下に知られるようになった戦いでもありました。

 真田丸の戦い(さなだまるのたたかい)
 年月日  1615年1月3日(慶長19年12月4日)
 場所   摂津国大坂城南端
 交戦勢力 豊臣軍 対 江戸幕府軍
 指揮官  豊臣軍:真田信繁
      幕府軍:前田利常
 戦力   豊臣軍:17,000
      幕府軍:26,000
 結果   豊臣軍の勝利

大坂城包囲戦までの経緯

 1614年10月頃に、豊臣方では戦争準備に着手し、全国の大名や浪人に召集をかけました。
 しかし大名家で豊臣家につくものは無く、ただ一方で関が原の戦い以後に浪人となっていた者達が数多く参集し、その数は約10万という兵力に膨れ上がります。

 その中には明石全登後藤基次(又兵衛)、真田信繁(幸村)、長宗我部盛親毛利勝永といった、いわゆる大坂城五人衆と呼ばれる歴戦の勇士の姿もありました。

 大坂方の戦闘方針として、迎撃か篭城かで議論が紛糾することになりますが、結局篭城作を取ることになります。

 一方、幕府方では10月11日に、徳川家康が駿府を出陣。23日には京の二条城に入ります。
 その同日に、徳川秀忠が6万の兵と共に江戸を出陣。
 その他諸大名の軍勢も集まり、結果、大坂に集結した兵力は20万という大軍になりました。

 この兵力をもてって、幕府方は大坂城を完全に包囲します。
 12月4日になり、幕府方は徐々に大坂城に対して接近し、その包囲を狭めていきました。
 この時に起きたのが、真田丸の戦いです。

真田丸とは

 そもそも真田丸とは、大坂方の真田信繁が大坂城の南に構築した曲輪(くるわ)のことをいいます。
 難攻不落とされた秀吉の築いた大坂城は三方を川に守られて鉄壁であったものの、南側だけは空堀のみで、いわゆる弱点の部分がその南側でした。
 そのためその場所に突出部を築き、敵の注意を引き付け、また弱点を補ったようです。

真田丸の戦いの陣容

 豊臣軍:真田丸…真田信繁の兵5,000。
 豊臣軍:八丁目・谷町口…木村重成、後藤基次、長宗我部盛親など兵12,000。
 幕府方:真田丸正面…前田利常の兵12,000、及び南部利直、松倉重政、榊原康勝など数千の兵。
 幕府方:八丁目・谷町口…井伊直孝の兵4,000、松平忠直の兵10,000、その他数千。

真田丸の戦いの経緯

 ・1月1日…家康、本陣を茶臼山陣城に移す。秀忠、平野から岡山に陣を移す。家康、前田利常に対し、塹壕や土塁を築き、真田丸に対しての攻撃をしないよう、命令。しかし真田勢は狙撃によって、前田勢の作業を妨害。

 ・1月2日…南条元忠の裏切りが発覚し、大坂城内にて切腹。大坂方、南条元忠の内通を逆用し、幕府方を欺く。

 ・1月3日…作業の妨害に悩まされた前田勢、真田丸前方にある丘(真田勢はここから狙撃していた)を奪取を計画。実行するも、真田勢はすでに撤収済み。
 真田勢、前田勢を挑発。この挑発に乗った前田勢が、真田丸に寄せるも、銃撃により損害を被る結果に。

 前田勢の攻撃により、井伊・松平勢も八丁目口・谷町口に対して攻撃開始。
 城内で火薬の暴発事故が起きるが、これを南条元忠の内応と勘違いした幕府軍、さらに攻撃を重ねる。これに対しての大坂方の迎撃が奏功して、幕府方に大打撃を与える。

 状況を知った家康、退却を指示。

大坂冬の陣の結果

 包囲戦の中で最大の激戦となった真田丸の戦いは、豊臣の勝利となりました。
 しかし大勢に影響せず、幕府軍は9日頃から攻城を本格化させ、大砲による射撃を行います。
 これに対し豊臣軍も銃撃を返し、また砲撃による対抗措置をとったりもしましたが、やがて和議に応じることになりました。
 その条件の一つにより、真田丸は冬の陣の終結後に破壊されます。

 これにより幕府軍はいったん引き上げるものの、大坂の陣はこれで終わらず、夏の陣、つまり豊臣の滅亡に向かって進んでいくことになるのです。

スポンサードリンク

大坂の陣 関連&参考ページ

大坂の陣 ~冬の陣から夏の陣へ、豊臣家滅亡と元和偃武
樫井の戦い ~塙団右衛門(塙直之)の最期、大坂夏の陣の前哨戦
道明寺の戦い ~後藤又兵衛の最後の戦いである、大坂夏の陣
八尾の戦い ~長宗我部盛親が藤堂高虎に勝利した、大坂夏の陣
若江の戦い ~豊臣の若武者・木村重成の最期の戦いである大坂夏の陣
天王寺・岡山の戦い ~戦国時代の終焉か、大坂夏の陣最終決戦
大坂城五人衆

合戦カテゴリの最新記事