小野朝直(小野玄蕃) ~奸臣といわれた小野家にあって、井伊家に尽くした武将か

小野朝直(小野玄蕃) ~奸臣といわれた小野家にあって、井伊家に尽くした武将か

丸に三柏 小野朝直とは戦国時代の武将であり、遠江国井伊谷の井伊家に仕えた武将です。
 小野玄蕃(おの げんば)の名前でも知られています。

 小野朝直(おの ともなお)
 生年  不詳
 没年  1560年(永禄3年)
 別名  玄蕃
 主君  井伊直盛
 親   父:小野政直
 兄弟  政次(道好)
 妻   奥山朝利の娘
 子   朝之

その生涯と桶狭間の戦い

 朝直の生年は分かっていません。

 父親は井伊家当主であった井伊直盛に家老として仕えた、小野政直(道高)であり、その次男に当たります。
 兄にはのちに父の後を継いで井伊家の家老となる、小野政次(道好)がいます。

 父・政直と兄・政次は井伊家の重臣でありながら、井伊家を裏切りその乗っ取りを画策した奸臣として知られています。

 政直は主であった直盛の叔父である井伊直満・直義を謀殺し、また子の政次は直盛の跡を継いで井伊家当主となっていた井伊直親を謀殺し、更には井伊谷城を横領しました。

 親子そろって不義の人物とされている中で、政次の弟であった朝直は生涯、井伊家側についていたとされています。

 朝直は妻に奥山朝利の娘を迎えており、これは井伊直親の正室も同様に朝利の娘を迎えていたため、井伊家とは間接的にではあれ縁があったことになりますが、こういった事情が父や兄に追随しなかった理由になるかどうかは分かりません。

 また朝直は兄の政次が井伊家で専横を極める前に、横死しています。

 1560年(永禄3年)に今川家当主・今川義元による尾張侵攻が開始されるのですが、朝直は主君である直盛に従ってこれに従軍します。

 しかし結果は尾張の織田家当主・織田信長の急襲により、桶狭間にて義元は討死。
 この世に言う桶狭間の戦いにおいて、直盛や朝直も戦死しました。

 これによって井伊家は衰退し、兄・政次は専横を極めていくようになっていきます。

 朝直がもし桶狭間の戦いで生き延びていたとしたら、果たして戦国の世にあって井伊家に対してそのまま忠節を尽くしたのか、もしくは兄と共に奸臣とされるような行動を取ったのか、今の世にあっては知るすべはありません。

玄蕃の名前について

 朝直は一般的に小野玄蕃の名前で知られています。

 この玄蕃というのは一種の官職名のようなもので、玄蕃とは玄蕃寮というのが正式な名であり、日本の律令制において治部省に属する機関のことをいいます。

 「玄」は僧侶を指し、「蕃」は外国人や賓客を指し示します。
 主に僧尼の名籍の管理や、仏事の監督などを職掌としていたようですが、朝直がこういったことに関わっていたかどうかは不明です。

スポンサードリンク

井伊家カテゴリの最新記事