小野政直(道高) ~井伊直満・直義を謀殺し、井伊家衰退の発端となった奸臣か

小野政直(道高) ~井伊直満・直義を謀殺し、井伊家衰退の発端となった奸臣か

丸に三柏 小野政直とは、遠江国井伊谷の領主を務めた井伊家の家老として仕えた武将です。
 井伊直満や井伊直義を謀殺した人物であり、小野道高の名前でも知られています。

 小野政直(おの まさなお)
 生年  不詳
 没年  1554年(天文23年)
 別名  道高
 主君  井伊直盛もしくは井伊直満
 親   父:小野兵庫助
 子   政次(道好) 朝直

小野家とは

 政直の家系である小野家は、皇室の一門の中で臣籍降下した分流・庶流の氏族である小野朝臣の末裔とされています。
 小野妹子や小野小町、小野道風など、歴史上で著名な人物を輩出してきた家系です。

 父は井伊直平に仕えた小野兵庫助ですが、政直の生年は分かっていません。

 政直もまた父同様に、井伊家の重臣として仕えました。
 井伊直平の孫である井伊直盛、もしくはその叔父にあたる井伊直満に仕えたとされます。

井伊家の家督相続

 井伊家当主であった井伊直盛には男子の跡継ぎがおらず、直満の嫡子であった直親が直盛の養子となることで、井伊家の家督を継ぐことになっていました。

 しかし政直はこのことに対して不満があったようで、主家である今川家当主の今川義元へと、直満・直義兄弟が謀反を謀っていると密告します。

 折しもこの頃、甲斐の武田氏が遠江に圧力を強めてきており、井伊直満・直義の兄弟は武田に備える準備をしていたと『井伊家伝記』にはあり、そのことから謀反の疑いをかけられることになります。

 ただしこの頃、今川家と武田家は同盟中であり、『井伊家伝記』自体、信憑性に欠ける史料なので、史実であるかどうかは不明というのが、正直なところのようです。

 ともあれ1544年(天文13年)、政直の密告によって直満・直義兄弟は駿府へと呼び出されることになり、そこで殺害されてしまいます。

 また直満の遺児である井伊直親をも殺そうとしますが、これは防がれ、直親は身を守るために信濃国に逃れることになりました。

 このような経緯から、政直は奸臣であるとされています。

政直の死後

 事件から10年後、1554年(天文23年)に、政直は死去。

 これにより、直親は帰参を許され今川家に復帰し、改めて直満は直親を跡継ぎとすることができました。

 それから6年後の1560年に桶狭間の戦いによって直盛が戦死すると、直親が井伊家の家督を継承することになります。

 しかし政直の子である小野政次(道好)今川氏真へと讒言し、直親を謀殺。
 小野政直・政次父子は親子二代に渡り、井伊家の要職にありながら、その衰退の主原因になっていくことになるのです。

小野政直 関係年表

 1544年 井伊直満・直義を謀殺。
 1554年 政直死去。

スポンサードリンク

井伊家カテゴリの最新記事