おんな城主 直虎 第18回「あるいは裏切りという名の鶴」感想&解説など

おんな城主 直虎 第18回「あるいは裏切りという名の鶴」感想&解説など

 前回の種子島の一件により、再び窮地に立たされることになった直虎でしたが、あわやというところで瀬戸方久の機転に助けられて事なきを得るに至りました。

 この一件をきっかけに政次の意図を理解した直虎は、切迫した情勢になるつつなる井伊谷の領地経営を担っていくことになるわけです。

義信事件

 今川や井伊の内政問題とは別に、今回は外の情勢も伝わってきました。

 それは今川氏の同盟国である武田氏において、武田信玄の嫡男・武田義信が幽閉された、というものです。

 この頃今川氏は、甲斐の武田氏、相模の北条氏とそれぞれ縁戚関係を結び、甲相駿三国同盟を締結していました。
 その盟約の証として、例えば今川氏真の正室に北条氏康の娘が嫁ぎ(作中では春という名前で登場しています)、そして武田義信には今川氏真の妹が嫁いでいました。

 つまり武田義信は氏真にとって、義理の兄弟であることになります。

 その義信が幽閉されたということは、当然両国の同盟に亀裂が入りかねない状況になったわけで、実際その後、義信は幽閉される間に死去し、その妻であった氏真の妹は離縁され、駿府に送り返されることになります。

 これをもって、甲駿同盟は解消され、三国同盟は瓦解。

 甲斐の武田信玄は徳川家康と結んで駿河侵攻を開始し、今川・北条と戦うことになわるけですね。

 ちなみに作中では、なぜ義信が幽閉されたのか具体的には語られていませんでしたが、要は義信と信玄は不仲であり、信玄に対して謀反を画策し、露見して捕らえられた、というのが実情です。

 義理など無いに等しい信玄は、桶狭間今川義元が横死して以来、駿河の今川を狙っていたようで、義信にしてみれば妻の実家である今川との盟約は大事にしていたようで、当然親子で対立が生まれました。

 戦国武将としてどうかという評価はともかく、武田義信は今川氏にとって生命線になっていたといっても過言でない人物だったわけで、義信が廃嫡されて死去し、その後、斜陽の今川氏を支えてきた寿桂尼が死去したことで、今川氏は滅亡へと進んでいくことになります。


 <<おんな城主 直虎 第17回「綿毛の案」感想&解説
 おんな城主 直虎 第20回「第三の女」 感想&解説 >>


おんな城主 直虎カテゴリの最新記事