おんな城主 直虎 第13回「城主はつらいよ」感想&解説など

おんな城主 直虎 第13回「城主はつらいよ」感想&解説など

 井伊直虎が井伊家当主となって、領内を統治するようになった頃の逸話についてまず語られるのが、いわゆる徳政令の件です。

 今川氏真が井伊氏の領内に徳政令を発布するものの、直虎はそれに抵抗し、二年間実施しなかった、という事件が起こるわけですが、早速そのお話を今回から描く、というわけですね。

 ちなみに徳政令というのは、金融業者に対して債権放棄を命じる法令です。
 早い話、借金をチャラにする、というもの。

 これは日本史の教科書にもでてきたはずなので……永仁の徳政令などは、覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

 ともあれこの徳政令、鎌倉時代に始まったものですが、室町時代を経て、戦国時代でも行われていたようです。

 直虎の井伊谷から近いところでは、例えばお隣の相模国の北条氏康が行ったものや、甲斐国の武田信虎が発したものなどが、記録に残っています。

 この徳政令をするしないを巡り、直虎は小野政次と対立していくわけですが……はてさて。
 ドラマではしっかり暗躍している感じですが、どうなっていくのか。


 <<おんな城主 直虎 第12回「おんな城主 直虎」感想&解説
 おんな城主 直虎 第14回「徳政令の行方」 感想&解説 >>


おんな城主 直虎カテゴリの最新記事