おんな城主 直虎 第10回「走れ竜宮小僧」感想&解説など

おんな城主 直虎 第10回「走れ竜宮小僧」感想&解説など

 前回の最後で、小野政次が奥山朝利を殺害してしまう、というところで終わり、そして今回。

 殺された奥山家の方は、小野を討つを息巻き、井伊家家中も同調して政次は窮地に立たされます。

 実際には先に仕掛けたのは朝利であり、政次はやむなく返り討ちにしてしまった、ということだったのですが、嫌われものの小野家の一員ということもあって、正当防衛でありながらも政次は圧倒的に不利な状況に陥りました。

 それを見かねた次郎法師が奔走する……というのが、今回の内容です。

奥山朝利の暗殺

 ドラマの演出はともかく、史実(として伝わっているもの)では、桶狭間の戦いのあった年に奥山朝利は小野政次に暗殺されたとされています。

 暗殺、である以上、仕掛けたのは政次ということになりますね。

 桶狭間で没した先の井伊家当主・井伊直盛も政次の専横を警戒し、重臣であった中野直由に、もしもの時は井伊直親の後見人になるように指名し、政次の影響力の増加を防いでいます。

 直盛が死去したことで、直親と不仲であった政次は井伊谷の横領を画策するようになるのですが、ドラマでは今のところそんな気配は無し。

 これまでにいくらか微妙な関係はありましたが、少なくとも謀反レベルのことを考えている様子はなさそうです。

 ドラマでは直親自身が名探偵ばりに、現場の状況から政次はむしろ被害者であったと推理し、政次はお咎め無しに。

 対する政次も、かつて直親の父であった井伊直満の所領を小野の領地として得ていたものを返還するという形で恩義に応え、まさに雨降って地固まるかのように、政次と直親の距離は再び近くなったように見受けられました。

 が、果たしたどうなるのか。

松平元康の謀反

 一方今川家の方でも混乱が続きます。

 桶狭間で今川義元が討死し、その後は嫡子の今川氏真が継いでいたわけですが、この頃は祖母である寿桂尼が健在だったので、戦国屈指の馬鹿殿様である今川氏真でも、どうにかやっていました。

 ちなみに今川館が焼け落ちるのは、この寿桂尼が亡くなってからです。

 それはともかく、今川の臣であった松平元康が本格的に謀反。
 岡崎城に拠って、三河を制圧していきます。

 ここで元康の妻であった瀬名は今川の人質であったため、元康謀反により命の危機に陥ります。

 実際、その父である関口親永はすでに自害。
 瀬名自身も自害を命じられます。

 そこで奔走するのがまたまた次郎法師なのですが……あっちやこっちで人助けで大変です。

 ちなみにこの不幸極まりない瀬名ですが、ネタバレしてしまえばここで命を落とすことはありません。

 ドラマでもあったように、元康が落とした上ノ郷城城主の鵜殿長照(父親である鵜殿長持が今川義元の妹婿になるため、寿桂尼からみて孫にあたる人物なわけですね。ちなみに長持も長照共々、元康に攻められて戦死します)の遺児と交換するという形で、生きながらえることになるわけです。

 もっともドラマではどう描かれるかはわかりませんが、それは次回、ということで。


 <<おんな城主 直虎 第9回「桶狭間に死す」感想&解説
 おんな城主 直虎 第11回「さらば愛しき人よ」 感想&解説 >>


おんな城主 直虎カテゴリの最新記事