おんな城主 直虎 第9回「桶狭間に死す」感想&解説など

おんな城主 直虎 第9回「桶狭間に死す」感想&解説など

 今回は桶狭間です。

 戦国史上有名な戦いであり、日本三大奇襲の一つとしても知られています。

 よくドラマでは、織田信長やその取り巻きが主人公的立ち位置であった場合、最初の関門として描かれることが多く、この戦いに勝利した織田家はその後、躍進していくことになります。

 しかし敗者となった今川家はその後没落し、滅亡へと歩んでいきます。

 『おんな城主 直虎』ではまさに今川方から描かれる形となりました。

今川から見た桶狭間の戦い

 ドラマにおいては、具体的にどのような戦いであったかは描かれませんでした。

 今川方は大軍を擁していたにも関わらず、寡兵であった織田方の奇襲を受け、総崩れ。

 主君であった今川義元は討死。

 この戦いが有名であったために、敗戦の将であった今川義元は戦下手の暗愚なイメージを持たれがちですが、実際には内政・外交・軍事において辣腕を振るった名将だったとされています。

 そういった意味では、この戦いはまさに悲劇であった、といえるでしょう。

 ともあれこの敗戦により、 井伊家においても当主であった井伊直盛小野玄蕃といった家臣など、相当な人数が討死しました。

 三河のぼんやり松平元康は不穏な動きをみせ、三河の岡崎城に入ります。
 この悲劇も元康にとっては天佑であり、天下人に上り詰めるための第一歩になったわけです。

 ドラマにおいては、その敗戦による井伊家での混乱を中心に描かれていました。

中野直由

 当主であった直盛が戦死したことで、その家督は井伊直親が継ぐかにみえたのですが、直盛の遺言により家臣であった中野直由が仕切ることになります。

 この中野直由なる人物は初回からちょこちょこ出ている人物ですが、こののちの井伊家にとっての重要人物になります。
 史実では直盛の死により直親が跡を継ぎ、その後見人になったとされています。

小野政次と奥山朝利の確執

 井伊家の重臣の一人であった奥山朝利は、桶狭間の戦いのあった年に死去しました。
 史実では小野政次によって暗殺されたとされています。

 奥山朝利の事跡はよく分かっておらず、ドラマでそうであったように、桶狭間の戦いに参戦していたかどうかも分かっていません。
 分かっていない以上、共に出陣した可能性もあるわけで、今回は演出上、そのように描いたとだと思われます。

 何はともあれ、少しずつ少しずつ、政次の立場が微妙になっていっている様子。

 次回も荒れそうです。


 <<おんな城主 直虎 第8回「赤ちゃんはまだか」感想&解説
 おんな城主 直虎 第10回「走れ竜宮小僧」 感想&解説 >>


おんな城主 直虎カテゴリの最新記事