大野治長 ~豊臣家最後の忠臣

NO IMAGE

 大野治長といえば、大坂の陣が描かれる時に必ずと言っていいほど現れる人物です。そのため比較的知名度があるのですが、治長がいったい何者であるかはあまり知られていないかもしれません。

 歴史ドラマにおいて、豊臣政権側が描かれる際は、関ヶ原までは大抵石田三成が中心的な人物として登場します。しかし関が原の戦いで三成が死亡した後、突然、秀頼や淀殿の側近として現れるのが、この大野治長という人物なわけですね。

 ドラマにおいては伏線らしい伏線もなく、そこそこ重要なポジションに突然現れるように見える場合が多いので、いったい誰なんだこれは、という印象を持ってしまいがちです。
 今回はそんな大野治長についての紹介です。

 大野治長(おおの はるなが)
 生年  1569年(永禄12年)
 没年  1615年(慶長20年)
 主君  豊臣秀吉⇒豊臣秀頼
 親    父:大野定長 母:大蔵卿局
 兄弟  治房 治胤 治純
 妻   南陽院
 子   治徳 治安

大蔵卿局とは

 1569年に、京都にて治長は生まれます。両親のうち、父親は大野定長といいますが、あまり知られていません。有名なのは母親の方で、大蔵卿局といいます。

 大野治長の登場に際して伏線が無い、と先に書きましたが、実は伏線らしいものは存在していまして、この大蔵卿局がそれにあたります。

 大蔵卿局は淀殿や豊臣秀頼の乳母を務めた人物で、秀吉の正室である高台院(北政所、ねね、寧などと呼ばれることの多い人物)が秀吉の死後に大坂城から去ると、大蔵卿局やその息子である大野兄弟が権勢を振るっていくことになりました。そのため大蔵卿局は淀殿の側近としてちょくちょく登場しています。例えば大河ドラマ『真田丸』などでもそうですね。

 つまり治長が豊臣政権の中で存在感を示していくのは、母親である大蔵卿局の影響があったからといっていいでしょう。

小谷から秀吉死去まで

 大蔵卿局は最初、浅井家に嫁いだお市の方の侍女でした。そのため治長も小谷で育ち、同い年である淀殿と一緒に育った経緯があります。

 しかし浅井長政が織田信長に敗れ、更にはお市の方は柴田勝家と再婚するもこれも秀吉に滅ぼされ、治長は母や淀殿の共に秀吉の元にいくことになります。そこでまず、秀吉の馬廻衆として3000石で取り立てられたそうです。

 その後順調に出世し、1589年には和泉国佐野、丹後国大野の領地を合わせて1万石の大名となりました。この時点で異例な出世だったともいえます。
 1594年には伏見城の普請に携わっていたようです。

治長の失脚と関ヶ原の戦い

 1598年、太閤秀吉が死去。これによって高台院が大坂城を去り、秀頼の側近となった治長は、兄弟や母大蔵卿局らと共に権勢を振るうようになっていきます。

 ところが1599年に起こった徳川家康暗殺疑惑事件の首謀者の一人との嫌疑がかけられ、下総国に流罪とされました。

 しかしこの事件に治長が関与していた可能性は低いとされています。この頃は石田三成が健在であり、しかし失脚して豊臣政権での立場を失いつつありました。反徳川筆頭である三成としては、徳川に対して非戦派である治長が台頭するのを抑えるために、仕組んだ謀略ではなかったのかという説もあるようです。

 そして1600年に、関ヶ原の戦いが勃発。治長は東軍として参加することで武功をあげ、汚名を返上します。

 その功でかつて1万石だったところから1万5千石に加増された上で、豊臣家への敵意なしという書簡を持って大坂に向かい、使者としての役目を務めた後、そのまま大坂に残りました。この時三成は処刑されていたこともあり、以降、豊臣政権における治長の権勢が増していくことになります。

大坂の陣

 1614年に方広寺の鐘銘事件が起こると、徳川方は豊臣家に対してその存続の条件を提示してきます。

 治長はこの条件を呑むべきであると説得しました。秀頼もまた、その意見に従おうとしましたが、淀殿や反対派の家臣によって、交渉役を務めていた片桐且元を謀反人扱いし、泣く泣く且元は大坂城を去ってしまいます。

 これによって大坂の陣が勃発するわけですが、治長はそのまま豊臣家を主導する立場になってしまいます。

 しかし豊臣家に加担する大名は無く、周囲はすべて敵であり、大坂城に集まったのは全国の牢人達という有様に、徳川を相手に戦うことは無謀と判断し、和議を模索しました。

 しかしこの行為は一発逆転を狙って大坂城に集まってきた牢人達に疎まれる結果になります。よくドラマなどで主戦派の牢人側からみると、治長は煮え切らないように描かれることが多いですが、それはこういう事情があったからというわけですね。

 ともあれ治長は指揮官となり、大坂冬の陣に参戦。しかし両軍の戦局が行き詰る中、和議が結ばれることになります。
 しかしこの和議によって豊臣にとって不利な状況(大坂城の堀の埋め立てなど)となり、非難された治長は立場を弱め、主戦派に主導権を奪われてしまいます。

 そして大坂夏の陣において、豊臣方は敗北。

 治長は秀頼の助命のために、自身の切腹を条件に家康へと嘆願したのですが、受け入れられることなく、大坂城の山里曲輪にまで追い詰められた後、自害して果てました。享年47。

治長の評価

 武将として目立った活躍は無いものの、その忠臣ぶりはその死に際し、「大野修理沙汰して最後に切腹なり。手前の覚悟比類なし」と賞賛されたといいます。

 また徳川に敵対することの無謀を悟り、和議に奔走して豊臣家存続を第一に考えたことも、大坂の陣で結果として豊臣が滅んだことを踏まえれば、正しい戦略眼であったといえるでしょう。

 大坂城に集まった浪人は、己の人生の一発逆転を賭けた者達であり、本当の意味での豊臣の臣ではなく、そういった意味では生粋の豊臣家臣としての治長こそ、豊臣家最後の忠臣であったといえるかもしれません。

淀殿

 大野治長といえば、淀殿との関係において有名な部分が多大にあります。秀頼の父親説、ですね。

 秀吉がずっと子宝に恵まれなかったにも関わらず、淀殿だけは二度も身篭ったことに対し、それが真実であるかどうか、当時から怪しまれていたようです。つまり父親は秀吉ではなく、他の誰かではないか、という疑惑ですね。

 その父親の候補として挙がっていたのが、例えば石田三成であり、また大野治長である、というわけです。

 特に治長は淀殿とは幼馴染であり、小谷から大坂に至るまでずっと一緒であったことからも、密通が疑われるにはうってつけの人物であったといえます。

 もっとも三成に関しては、秀頼が生まれる前に朝鮮出兵に向かっており、時期的に不可能であるとされ、否定されています。
 それもあって、治長父親説が有力になってくるのですが、真実は歴史の闇の中、ですね。

大野治長 関係年表

 1569年 京都に生まれる。
 1589年 和泉佐野、丹後大野を領し、1万石の大名になる。
 1594年 伏見城普請に参加。
 1598年 豊臣秀吉死去。
 1599年 徳川家康暗殺疑惑事件 下総に流罪。
 1600年 関ヶ原の戦い。東軍として参加。
 1614年 家康の口添えで、5千石を加増
     大坂冬の陣。
 1615年 大坂夏の陣。治長自害。享年47。

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
大野治長  30  31  45  56

 豊臣家滅亡の責任を一身に背負ったせいなのか何なのか、かなり残念な能力です。どれだけ忠臣であっても、評価はされないんですね。

人物カテゴリの最新記事