織田長益 ~茶道有楽流の創始者、織田有楽斎

織田長益 ~茶道有楽流の創始者、織田有楽斎

織田長益

織田瓜 織田信長の弟であり、千利休に茶道を学び、利休十哲の一人として知られています。
 本名は織田長益といいますが、その名よりも織田有楽や織田有楽斎といった名前の方が、現在ではよく耳にする機会が多く、 武将というよりは茶人として有名な人物です。

 生年  1547年(天文16年)
 没年  1622年(元和7年)
 改名  長益⇒有楽斎如庵
       (うらくさいじょあん)
 別名  有楽 有楽斎
 主君  織田信忠⇒織田信雄
     ⇒豊臣秀吉⇒豊臣秀頼
     ⇒徳川家康⇒徳川秀忠
 親   父:織田信秀
 兄弟  信広 信長 信勝 信包
     信治 信時 信興 秀孝
     秀成 信照 長利
 妻   正室:清(平手政秀娘)
 子   長孝 頼長 俊長 長政
     尚長 宥諌 松平忠頼正室
     湯浅直勝室 永福院殿

出生から本能寺の変まで

 長益は織田信秀の十一男にあたり、戦国時代で有名な織田信長の弟にあたります。
 その信長とは13歳の歳の差があり、1547年(天文16年)に誕生しました。

 信長時代の長益の行動の詳細は不明なものの、織田信忠の配下にいたようで、武田氏を滅ぼした甲州征伐に従軍していたようです。

本能寺の変
『本能寺焼討之図』

 1582年、本能寺の変が勃発。
 長益は信忠と共に二条城にいたようですが、これを脱出。信忠は衆寡敵せず自害しましたが、長益は九死に一生を得ます。
 この際、信忠に自害を進言したのが長益であったにも関わらず、進言した当人は逃亡したということで、後に京の民衆に皮肉られたそうです。

「織田の源五は人ではないよ お腹召せ召せ 召させておいて われは安土へ逃げるは源五 むつき二日に大水出て おたの原なる名を流す」

 源五というのは長益の別名です。このように囃し立てられたわけですが、実際のところ自害を勧めた確たる証拠があるわけではないようです。
 ちなみに長益以外でも水野忠重、山内康豊といった人物は包囲前に脱出に成功していますし、信忠の介錯をした鎌田新介なる人物も生存していたようです。

関ヶ原の戦いと大坂の陣

 変後、長益は安土から岐阜へと逃れ、織田信雄に仕えました。
 その後起きた小牧・長久手の戦いでは、織田信雄に協力した徳川家康に助力します。
 この戦いの講和に際し、長益は家康と秀吉の折衝役を務めたともいわれています。

 1590年になり、秀吉の御伽衆の役を担っていたようで、この頃に剃髪して有楽斎と名乗ったようです。
 秀吉の側室である淀殿は、長益にとって姪にあたり、庇護していたためその関係は深かったとされます。

関ヶ原の戦い
『関ヶ原合戦図屏風』

 1600年には関ヶ原の戦いが勃発。
 長益は東軍として家康に助力し参戦。長男・長考と共に戦い、石田家臣・蒲生頼郷を討ち取る功を挙げました。長考もこの時敵将の首を取っており、長益は大和に3万2000石を、長考は美濃に1万石を与えられることになりました。

 その後江戸幕府が開かれますが、長益は徳川家ではなく、豊臣家に出仕し、淀殿を支えます。そのため大坂の陣においても大坂城にて徳川家と対立しました。ちなみに長益は穏健派であり、大野治長らと共に和平の道を探っていたようです。

大坂夏の陣
『大坂夏の陣図屏風』

 しかし大坂冬の陣では和平にこぎつけたものの、すぐにも再戦の可能性が濃厚となり、大坂夏の陣を目前にして大坂城を退去することになりました。
 これは城内において主戦派の影響力が増しており(冬の陣の後の講和内容のせいで、大野治長らも影響力を失っていた)、もはや自分の言葉を聞く者はおらず、城にいても無意味であるとして、家康らの許可を得た上で、豊臣家から離れました。

 この大坂退去の理由として、嫡男・頼長の存在もあったようです。
 頼長は穏健的な長益に対して過激であり、親子でありながら対立していたようです。しかも頼長は冬の陣において病であるとして戦闘に加わらなかったり(藤堂高虎との間の謀略かともいわれいる)、総大将を望んだものの叶わなかったりして、そのため退去したともいわれています。
 ともあれ不審な点が多く、これが長益が豊臣から離れる原因の一つではなかったのかとされています。

 その後、豊臣家は滅亡します。
 長益は大坂から離れた後は京都に住み、茶道に生きました。
 そして1621年、76歳にしてこの世を去ります。
 その子孫である四男・長政と五男・尚長は幕府において1万石の大名となり、外様大名として明治まで続きました。

 余談ですが、現在の東京都千代田区にある有楽町は、元々長益の名の一つである有楽斎に由来しているという説があります。
 この場所には長益の屋敷があったようで、そこからつけられた、というもののようです。

織田長益 関係年表

 1547年 織田信秀の十一男として誕生。
 1582年 甲州征伐に従軍。
 1582年 本能寺の変。二条城から脱出。
 1584年 小牧・長久手の戦いに参加。
 1590年 秀吉の御伽衆となる。
 1600年 関が原の戦い。東軍として参加。大和国に知行を与えられる。
 1614年 大坂冬の陣。豊臣家として参加。
 1615年 大坂城から退去。
 1615年 大坂夏の陣。豊臣家滅亡。
 1615年 隠居。京都に隠棲。
 1621年 京都にて死去。享年76。

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
織田長益  30  25  35  66

 戦闘系の能力は軒並み腐っています。比較して政治は高いですが、並みといったところ。
 織田家の人物は、信秀や信長、信忠は高いのですが、後はこんなものなんですよね……。

織田家カテゴリの最新記事