新野親矩 ~井伊氏最大の危機を救った武将、左馬助

NO IMAGE

 新野親矩とは、通称・新野左馬助として知られている人物です。
 決して有名な人物ではありませんが、井伊家の歴史においてその最大の危機を救ったと評されており、井伊家との関連で名を残した人物であったといえるでしょう。

 新野親矩(にいの ちかのり)
 生年  不明
 没年  1564年(永禄7年)
 別名  左馬助
 主君  今川義元⇒今川氏真
 親   不明
 兄弟  祐椿尼
 子   木俣守安の母

井伊家との関係

 親矩の出身氏族である新野氏は、元は今川氏の一族であったとされています。
 新野氏は新野新城の城主として代々その地を治めており、親矩もその城主としてあって、今川家に仕えていました。

 今川家は今川義元の時代、戦国大名の中でも天下に近いとされた戦国の雄でしたが、1560年の桶狭間の戦いにおいて義元が横死すると、有力家臣の離反が相次ぎ、一気に衰えていくことになります。
 しかし親矩は忠臣であったようで、変わらず今川家に忠節を尽くしていたようです。

 そんな不安定な国内情勢の中、同じ遠江の国人であり、縁戚関係にあった井伊家において、事件が起きました。
 当時の井伊家当主であった井伊直親が、家臣である小野政次(道好)の讒言によって謀反人扱いされ、今川氏真によって誅殺されてしまうというものでした。
 井伊家では前の当主であった井伊直盛は桶狭間の戦いで戦死しており、直親が代替わりして間もない時のことで、井伊家は男子の跡継ぎがいなくなるという危機に直面します。
 そのため直盛の娘である井伊直虎が家督を継ぐことになるのですが、その直虎や直親の遺児である直政を保護したのが、親矩だったというわけですね。

 先に親矩にとって井伊家は縁戚だと述べましたが、親矩の妹である祐椿尼が井伊直盛の妻であったため、直虎は姪にあたる存在だったわけです。

 ともあれこのことから、井伊氏の菩提寺である龍潭寺(直盛・直虎・直親の墓がある)の住職に、井伊氏1000年の歴史で、最大の危機を救った、と評されることになったようです。

曳馬城攻め

 今川家の不安定な情勢は続き、その衰退は続きます。
 1563年には曳馬城主である飯尾連竜が今川家に対して謀反を起こしました。

 連竜は今川家を見限り、織田・徳川に通じます。
 それを知った今川氏真は、親矩らに命じて有無を言わさず曳馬城攻めを開始。
 しかし連竜は頑強に抵抗し、打ち手の大将であった親矩は三浦正俊、中野直由らと共に討死しました。

 その子孫である木俣守安(親矩の娘の子)は後に井伊家に仕え、大坂冬の陣では先鋒を務め、また井伊家家老になったとされています。

新野親矩 関係年表

 1560年 桶狭間の戦い。主君・今川義元死去。
 1562年 井伊直親が今川氏真によって暗殺。
     井伊直虎・直政を保護。
 1563年 飯尾連竜謀反。
     連竜の居城である曳馬城攻めにて、親矩戦死。

人物カテゴリの最新記事