中野直由 ~小野政次(道好)の専横を防いだ、井伊家重臣

NO IMAGE

 中野直由とは、遠江国井伊谷の領主を務めた井伊家に仕えた重臣であり、井伊家名代として井伊谷城を守った忠臣として知られています。

 中野直由(なかの なおよし)
 生年  不詳
 没年  1564年(永禄7年)
 別名  越後守 信濃守
 主君  井伊直盛⇒井伊直親
 親   父:中野直村
 子   直之

井伊家と中野氏の関係

 直由の生年は分かっていません。

 直由の家系である中野氏は、井伊家当主であった井伊直氏の弟である直房から始まる分流です。直由は直房の孫に当たります。
 またのちに井伊家の家督を継ぐ井伊直親と、直由の妻は兄弟の関係にあり、井伊家とは血筋としても縁の深い間柄にありました。

 こういった関係もあって、直由は井伊家にあって重臣を務めていたとされます。

井伊直親の後見役に

 1560年(永禄3年)に、尾張国の織田信長に対し、主家である今川家の今川義元が尾張侵攻を開始。
 当時井伊家の当主であった井伊直盛も今川家重臣の一人として、これに従軍しました。
 当主の出陣に際し、直由は留守を預かるほど信任が厚かったようです。

 戦にあたり、直盛は遺言を残していました。
 当時の井伊家では、井伊家の重臣である小野政次(道好)が井伊谷横領や井伊家での専横を企んでいたため、直盛は万が一に備えとして、跡継ぎである井伊直親の後見役に直由を指名します。

 直親と政次は両人の親の関係(直親の父・直満は政次の父・政直の讒言により、今川義元に殺害されていたため)の因縁により、不仲でもあり、危惧したものと思われます。

 そして桶狭間の戦いにおいて、今川義元と共に直盛は戦死。
 これにより今川家中は大混乱に陥るのですが、井伊家においては直親が家督を継ぎ、その後見役として直由が収まることになりました。

 この時直由は、井伊家当主であった直盛や井伊直平が称した信濃守を名乗るようになったとされます。

 ともあれ直由が無事後見役になったことで、専横の機会を伺っていた政次は手を出せず、その行動を制限されました。

曳馬城の戦い

 義元の跡はその嫡子である今川氏真が継ぎましたが、今川家領内の混乱は続きます。

 1563年(永禄6年)、小野政次は主君である井伊直親を、徳川家康と内通していると氏真に讒言し、これを謀殺することに成功します。
 これにより井伊家に当主が不在(直親の嫡子・直政は若年であったため)という状況になってしまいましたが、直由が代理として井伊谷城を預かり、井伊家の存続に尽力しました。

 1564年(永禄7年)、曳馬城主であった飯尾連竜が今川家より離反。
 これに際し、氏真は今川家重臣である新野親矩と、親矩と関係の深かった井伊家に曳馬城攻めを命じました。

 そのため井伊家からは、直由が大将として参陣します。

 直由と新野親矩率いる今川勢は曳馬城を包囲し、攻撃しました。
 しかし城主であった連竜はこの猛攻に対して奮戦し、打ち手の大将であった直由、親矩ともに討死してしまいます。

 これにより、井伊家は完全に主のいない状況に陥ってしまいました。

 そこで井伊直盛の娘である次郎法師が還俗して井伊直虎と名を改め、女でありながら井伊家の家督を継ぐことになるのですが、直由など井伊家を支えた重臣を失ったことで、小野政次はこれより専横を極めることとなり、井伊家の苦難の時代がこの先も続くことになるのです。

中野直由 関係年表

 1560年 桶狭間の戦い。井伊直盛戦死。
 1563年 井伊直親横死。
 1564年 曳馬城の戦いにて直由戦死。

スポンサードリンク

井伊家カテゴリの最新記事