朝倉家の家紋 ~三盛木瓜

朝倉家の家紋 ~三盛木瓜

三つ盛木瓜

 戦国時代において、朝倉氏が使用した家紋を三盛木瓜と呼びます。
 五大紋の一つである木瓜紋に分類される家紋ですね。

 見た目の特徴としては、同じ木瓜紋が三つ、ピラミッドのように重なっているデザインをしていることです。これが「三盛」の部分というわけで、三盛木瓜と呼ばれる所以です。

 三盛の家紋といえば、朝倉氏のすぐ近くの戦国大名、浅井氏の用いた三盛亀甲剣花菱(みつもりきっこうけんはばびし)などがあります。

木瓜紋とは

 名前から分かるように、瓜を図案化した紋ですね。ただし瓜を輪切りにした断面、が元になっており、ぱっとイメージできないかもしれません。
 また一方で鳥の巣を図案化したものともいわれ、子孫繁栄を祈る家紋であるといわれています。

 初出は徳大寺実能(とくだいじ さねよし)という公卿によって使用されたのが初めてであるとか。その後種類を増やしていったようです。

朝倉義景と織田信長

 戦国時代において、この木瓜紋を使用した大名はいくらか挙げられますが、その中で有名なのが朝倉義景と織田信長です。

 織田信長の知名度は断トツですが、その家紋もよくテレビ等で目にすることも多い反面、あれ何て読むの? と尋ねられても答えられない方が多いのではないかと思います。そしてその信長に責め滅ぼされた義景の朝倉氏が用いた家紋と、実はルーツが同じであるということをご存知な方も、案外少ないのではないでしょうか。

 まずぱっと見が違うので、まったく違う家紋のようにみえますが、よく見ると……同じなんですね。

 織田家の場合は織田瓜ともいわれ、瓜が五つになっています。朝倉家の場合は四つです。
 織田氏のルーツは実は朝倉氏の繁栄した越前にあり、越前国織田庄にある劔神社なんですね。戦国時代にあって、三管領であった斯波氏の守護代として、甲斐氏、朝倉氏、織田氏がいたわけですが、実は元々織田氏は朝倉氏と縁があったというわけです。

スポンサードリンク

家紋カテゴリの最新記事