真柄隆基 ~真柄切兼元に倒れた、次郎太刀の使い手

真柄隆基 ~真柄切兼元に倒れた、次郎太刀の使い手

 真柄隆基とは戦国時代の武将であり、越前朝倉氏の家臣として、朝倉義景に仕えました。
 父や叔父と共に姉川の戦いに参陣し、討死したとされています。

 真柄隆基(まがら たかもと)
 生年  不詳
 没年  1570年(元亀元年)
 別名  十郎
 主君  朝倉義景
 親   父:直隆

父親譲りの豪傑

 父親である真柄直隆は朝倉家中においても随一の豪傑であり、五尺三寸(約175cm)もある大太刀である、通称・太郎太刀を振るう猛将でした。

 子である隆基もまたそれに劣らない怪力無双の者で、足利義昭が朝倉義景を頼って一乗谷を訪れた際に、その御前で黒い卵形の大石を数十回と空へと投げてみせ、その怪力ぶりを披露したとされています。

 父・直隆が太郎太刀を振るったように、隆基もまた大太刀を振るったとされています。

 その太刀の異名を次郎太刀といい、太郎太刀には劣るものの四尺七寸という大きさで仕様は太郎太刀と同じであり、同様の超武器であったことには違いありません。

姉川の戦い

 1570年(元亀元年)、朝倉家は浅井家と連合し、織田徳川軍と近江国姉川にて雌雄を決します。

 世にいう姉川の戦いですが、結果として朝倉軍は敗走を余儀なくされ、その撤退を助けるために真柄父子は矢面に立ち、追撃を阻止しました。

 大太刀を振るって無双の働きをみせ、暴れまわった真柄父子は、しかしやがて力尽きる時がきます。

 父・直隆は最期を悟って向坂(匂坂)三兄弟と戦い、その首を自ら差し出して討死。
 隆基もまた奮戦するも、ついには徳川家家臣・青木一重の手にかかって討ち取られました。

 この時に青木一重が仕様していた刀が刀匠・孫六兼元の鍛えた刀であり、隆基を討ち取った逸話から「真柄斬」や「真柄斬兼元」などと呼称されるようになったといわれています。

 この刀は名刀とされて、1939年に重要美術品に認定されました。

 隆基らは討死しましたが、真柄一族は存続していたようで、主家であった朝倉氏が滅亡した後の1583年(天正11年)に、当時越前国を支配していた丹羽長秀から知行安堵状が「真柄加介」宛に発給された記録が残っているようです。

スポンサードリンク