真柄直澄 ~豪傑・真柄直隆の弟にして、朝倉家の猛将

真柄直澄 ~豪傑・真柄直隆の弟にして、朝倉家の猛将

 真柄直澄は戦国時代の武将であり、越前朝倉氏に仕えた人物です。
 兄・直隆や甥・隆基と共に勇猛で名を馳せましたが、姉川の戦いで戦死しました。

 真柄直澄(まがら なおすみ)
 生年  不詳
 没年  1570年(元亀元年)
 別名  十郎左衛門
 主君  朝倉義景
 兄弟  直隆

真柄直隆と同一人物か?

 直澄は直隆の弟とされ、兄同様、五尺三寸(約175cm)の巨大な太刀を振るった猛将であったとされています。

 足利義昭朝倉義景を頼って越前に滞在していた際に、九尺五寸(288cm)という破格の化け物刀を振るい、披露したともいわれているようです。

 1570年(元亀元年)に朝倉・浅井連合軍と、織田徳川連合軍との間で起きた姉川の戦いでは、兄・直隆や甥である隆基らと共に参戦。
 徳川軍を相手に猛威を振るうも、味方の敗戦に際し、踏みとどまってその撤退を助け、討死しました。

 この真柄直澄という人物の史料は少なく、また名前が十郎左衛門と兄と同じで、また使用した太刀の大きさも五尺三寸と兄と同じであり、直隆と同一人物ではないかという説もあるようです。

 また直澄、もしくは直隆が振るったであろう大太刀・太郎太刀は熱田神宮宝物館に現存しています。

スポンサードリンク

朝倉家カテゴリの最新記事