前波吉継 ~神明の罰か、主家を裏切った越前守護代・桂田長俊

前波吉継 ~神明の罰か、主家を裏切った越前守護代・桂田長俊

 前波吉継とは戦国時代の武将。
 最初、越前朝倉氏に仕え、主家滅亡後は織田氏に仕えました。
 桂田長俊の名前でも知られています。

 前波吉継(まえば よしつぐ)
 生年  不詳
 没年  1574年(天正2年)
 別名  桂田長俊(かつらだ ながとし)
 主君  朝倉義景織田信長
 親   父:前波景定
 兄弟  景当
 子   新七郎

朝倉家の奉行衆として

 父親は前波景定で、その次男として生まれました。生年は分かっていません。
 兄に前波景当。

 前波氏は朝倉氏に仕えた家臣の家系であり、直臣の中では筆頭の家柄でした。
 吉継は朝倉義景に仕え、奉行衆として活躍します。

 次男でしたが、嫡男であった兄・景当が1570年(元亀元年)の志賀の陣において、坂井政尚を討ち取るなど功績を挙げるものの自身も戦死し、そのため吉継が家督を相続することになりました。

織田への寝返り

 主君である朝倉義景は、次々に家臣に裏切られ、ついには滅亡しましたが、吉継もまたその中の一人で真っ先に寝返った一人でもあります。

 1572年(元亀3年)、近江国小谷にて朝倉・浅井連合軍と織田軍がにらみ合う中、吉継は織田信長の本陣に駆け込み、降伏しました。
 その後遅れて富田長繁や毛屋猪介、戸田与次郎なども織田軍に寝返ったとされています。

 吉継が突如寝返った理由として、
 ・義景が鷹狩りをした際に遅惨してしまい、さらに下馬することなくその前を通ってしまい、勘当されたことを恨んだため。
 ・吉継の嫡男が織田家に内通していると讒言され、義景の怒り買ってしまったため。
 ・兄である景定の跡目を望んだことが、義景の勘気に触れてしまったため。

 など、諸説あるようですが、その真相は分かっていません。

 しかし吉継が裏切ったことは事実で、そしてその降伏は信長に認められ、後の越前侵攻の際には道案内を務めて朝倉氏の滅亡に加担することになります。

越前守護代として

 かつての主君であった朝倉義景は、最期は一門の朝倉景鏡にも裏切られ、自刃。
 越前朝倉家はここに滅亡します。

 吉継はその功績を認められて、信長から越前の守護代に任じられました。

 この時にかつての名前を捨てて、信長から一字をもらって「桂田長俊」と改名。

 ところがこの改名後、まもなくして失明してしまいます。

 さらには僅かに遅れて織田に寝返り、その功績によって得た地位が長俊よりも低かったことを妬んだ富田長繁と対立。
 長俊も長繁のことに対し、富田や与力の毛屋・増井の知行が過分であるとか、富田を府中に住まわせる(長繁は功績により府中領主となっていた)ことは無益などと訴えており、両者の対立は深まっていきます。

 そして1574年(天正2年)、長繁は長俊の殺害を企て、土一揆を蜂起させました。
 この時、長繁は長俊の圧政に苦しむ民を扇動したとされています。

 一揆の総勢は33,000人。

 長繁は自ら総大将となって、長俊の拠る一乗谷に侵攻。

 その大軍を前に長俊は為すすべなく討死し、その家族も捕縛されて母親や嫡男も殺害されたといいます。

義景のたたりか

 長俊は寝返ったことでより高い地位を得ることができたものの、すぐに失明して一揆に攻め込まれ落命してしまったため、義景のたたりではないかと噂されたようです。

 『朝倉記』によると「神明ノ御罰也」と書かれています。

 また『信長公記』には「大国の守護代として栄耀栄華に誇り、恣に働き、後輩に対しても無礼であった報い」とされており、長俊自身の人格の悪さも伺うことがでるでしょう。

 裏切り、に関してはこの戦国時代においてはよくあることであり、主家であった朝倉氏も、英林孝景の代では寝返りに寝返りを繰り返し、越前の守護にまで上り詰めた経緯があります。
 そのためその良し悪しについては当時の情勢を踏まえて評価を控えるとしても、英林孝景と長俊との差はその人格にあったといえるかもしれません。

 英林孝景は一方で天下一の極悪人などとも評された人物でしたが、兵卒からは非常に慕われていたといいます。

前波吉継 関係年表

 1570年 兄・景当が志賀の陣で戦死。
     兄の跡を継いで家督を相続。
 1572年 織田信長に寝返る。
 1573年 朝倉義景自刃。朝倉家滅亡。
     越前守護代に任命される。
     名を桂田長俊と改名。
     失明する。
 1574年 富田長繁により土一揆蜂起。
     一揆、一乗谷に侵攻。
     長俊、討死。

スポンサードリンク

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
前波吉継  26  38  63  54

 能力としては知略や政治はまあ何とかといった水準。
 主君であった義景よりは頭はいいですね。比べる相手がアレですが。

朝倉家カテゴリの最新記事