金ヶ崎の戦い ~織田信長の撤退戦、金ヶ崎の退き口

金ヶ崎の戦い ~織田信長の撤退戦、金ヶ崎の退き口

金ヶ崎古戦場跡《金ヶ崎古戦場跡》

 金ヶ崎の戦いとは、1570年(元亀元年)に起こった戦いであり、織田信長朝倉義景の支配する越前に侵攻するも挟み撃ちに遭い、窮地に陥った戦として有名な撤退戦です。金ヶ崎の退き口、ともいわれています。

 戦国の三傑(三英傑)がそろって敗北した戦いとしても知られています。

 金ヶ崎の戦い(かねがさきのたたかい)
 年月日  1570年(元亀元年)
 場所   越前国敦賀郡金ヶ崎
 交戦勢力 朝倉・浅井軍 対 織田・徳川軍
 指揮官  朝倉・浅井軍:朝倉義景浅井長政
      織田・徳川軍:織田信長徳川家康
 戦力   朝倉・浅井軍:20,000
      織田・徳川軍:30,000
 結果   織田・徳川軍の撤退

開戦への経緯

出兵まで

 1568年に足利義昭を擁して上洛を果たした信長でしたが、越前の朝倉義景に対し、上洛を命令します。
 しかし義景は幾度もこれを拒否。
 越前は美濃から京都の間に割って入るような地理上にあり、信長としては越前を屈服させる必要があったのですが、義景の上洛拒否を叛意ありとして出兵の口実とした信長は、1570年に越前に侵攻しました。

 1570年5月24日(永禄13年4月20日)、織田信長とその同盟者である徳川家康の連合軍は、越前に出兵。
 織田諸将の他、松永弾正の名で知られる松永久秀らも従軍していました。
 ちなみにこの越前出兵ですが、若狭国武藤を成敗する、などといった文章が残ってることからしても、若狭攻めを口実にして始まったと考えられています。

金ヶ崎の落城


 5月29日、織田・徳川連合軍は朝倉領に侵入。
 同日、金ヶ崎城の支城である天筒山城攻めを開始しました。

天筒山《金ヶ崎城から天筒山を望む》

 敦賀郡司でああった朝倉方の守将・朝倉景恒は金ヶ崎城へと退き、篭城するも、翌日には金ヶ崎城も包囲されてしまいます。

 連合軍30,000に対し、金ヶ崎守備隊は4,500。

 援軍は遅れ、圧倒的な戦力差を前に、景恒は信長の降伏勧告を受け入れて開城し、金ヶ崎は陥落しました。

金ヶ崎城址《敦賀郡司居城 金ヶ崎城址》

援軍の遅延と朝倉家の序列争い

 降伏した朝倉景恒はのちに不甲斐無しと非難され、失意のうちにその年のうちに死去します。

 敗北した景恒でしたが、援軍が遅れた要因として、朝倉家内が一枚岩ではなかったことが、背景にあるのではないかという説があるようです。

 敦賀郡司である朝倉景恒は当時一門衆筆頭であり、主君である義景や、また他の一門衆である朝倉景鏡朝倉景健らとの間に序列争いがあったようで、そういった亀裂や距離感が、故意に援軍を遅らせたのではないかとされているようです。

浅井長政の離反

 ともあれ敦賀郡を押さえられた朝倉軍は、北陸道の難所である木ノ芽峠まで下がり、そこで防御態勢を整えます。

 ここで織田軍にとって思わぬ事態が発生しました。
 姻戚関係にある浅井長政(信長の義弟)が裏切り、織田・徳川連合軍の背後を突く形で近江塩津に進出。
 信長は最初これを信じなかったようですが、やがて撤退を決意します。

 すでに挟撃の様相を呈しており、信長は最大の窮地を迎えることになりました。

 なお、信長が長政の裏切りを知った理由として、松永久秀が浅井家の動きを察知したためであるとか、あるいは長政の妻で信長の妹であるお市の方が知らせた(小豆袋の両端を紐で結んだものを届けさせた)などが知られていますが、信憑性は無く、俗説である可能性が高いようです。

金ヶ崎の退き口

 撤退にあたり、木下秀吉(豊臣秀吉)が殿軍を務め、奮戦の末に信長を脱出させることに成功する話は、よく知られています。

 殿軍というのは討死を覚悟で敵の追撃を食い止めるための任務であり、非常に危険なものでした。

 そのため武芸や人格に優れた者が選ばれ務める大役であり、秀吉はこれを見事果たしたことで、知恵者だけでなく武勇も兼ね備えていると織田家中で見られるようになり、のちに重臣へと上り詰めていくきっかけになったといわれています。

 しかしこの戦いには秀吉よりも地位が上である池田勝正や明智光秀がいました。
 実際に殿軍を率いた大将は秀吉ではなく池田勝正であり、秀吉は勝正に率いられた一武将として参加し、功を挙げたのが本当のところのようです。

朽木越え

 池田勝正らに後備えを任せた信長は、敦賀から朽木を越えて京へと脱出します。

 朽木には近江国朽木谷領主である朽木元綱がおり、松永久秀がこれを説得して味方とし、その協力をもって朽木越えを果たし、京へと落ち延びました。
 この時の信長の左右はわずか十名程度という有様でしたが、池田勝正の本隊も撤退に成功します。

戦いの影響

 窮地にありながら織田方が大過無く撤退できたのは朝倉方が弱兵であったとか、あるいは朝倉方は普通の戦力であったが織田方が非常に秀逸であったためであるとか、更にはそもそもの目的が足利義昭によるもので、朝倉氏が軟禁していた武田元明の救出であったなどと、色々な説があるようです。

 ともあれ織田軍が無事に撤退したことで、朝倉軍としては千載一遇の勝機を逃すこととなり、のちに信長に再起の機会を与えてしまうことになりました。

 そして姉川の戦いへと至ることになるのです。

スポンサードリンク

合戦カテゴリの最新記事