一乗谷城 ~一乗谷朝倉氏遺跡として名を残した、越前朝倉氏の居城

一乗谷城 ~一乗谷朝倉氏遺跡として名を残した、越前朝倉氏の居城

朝倉館唐門《一乗谷朝倉氏遺跡》

 一乗谷城は中世の山城であり、越前国を支配した朝倉氏が居城とした城です。
 現在では一乗谷朝倉氏遺跡として知られており、遺跡全体が国の特別史跡に指定されています。

 一乗谷朝倉氏遺跡は単純に城だけでなく、館跡や城下町、そして一乗谷城を含めてそう呼称されています。

 一乗谷城(いちじょうだにじょう)
 城郭構造 山城
 築城年  南北朝時代
 廃城年  1575年(天正3年)
 築城主  朝倉氏
 主な城主 朝倉氏 桂田長俊
 文化財  遺跡⇒特別史跡 庭園⇒特別名勝
 所在地  福井県福井市城戸ノ内町

一乗谷城の歴史

 朝倉氏が一乗谷に居を移したのは、初代の朝倉孝景(敏景)といわれています。これが1471年(文明3年)のことですが、どうやら南北朝時代にはすでに、一乗谷を本拠にしていたという記録もみられます。

 応仁の乱が勃発すると京は荒廃し、戦乱から逃れた公家や文化人などが避難してきたため、地方にあって京文化が花開くことになりました。特に四代朝倉孝景の代に、最盛期を迎えたとされます。

 しかし五代目である朝倉義景の時代になると、織田信長との対立が激化し、1573年(天正元年)の刀根坂の戦いに敗れ、一乗谷は戦場と化しました。
 城下は焼き払われ、その後朝倉の旧臣である桂田長俊が一乗谷に居を構えるも、富田長繁と彼が起こした一揆によって一乗谷は再び戦場となり、桂田長俊は討ち取られます。

 その後織田信長によって再び越前は平定され、家臣の柴田勝家に与えられますが、勝家は北ノ庄に本拠を移したため、元々山間にあった一乗谷は辺境化し、田畑の下に埋もれていきました。しかしそれが幸いしてか、現在でも良好な遺構として残っています。

一乗谷の防御の基点

 一乗谷城は、当主の館のある背後の一乗城山(いちじょうしろやま)に築城されました。

一乗城山《一乗城山遠景》

 一城城山は福井県福井市にある標高435.8mの山で、福井市の南東に位置し、北側には足羽川が流れ、西に一乗谷、東に三万谷を形成して、南側には越美山地が連なっているといった立地です。

 その山頂に、本丸跡、一の丸跡、二の丸跡、三の丸跡が残っています。 現在でも曲輪や空堀、堀切、竪堀や土塁などの遺構を見ることができるようです。

 また東に東郷槙山城、北に成願寺城、南に三峰城などといった出城も築かれていました。

 またその他の防御施設として、一乗谷はその名の通り谷間に築かれた城下町であり、東西の山が狭まった地点の南北に城戸を設け。土塁や石垣、堀などが築かれ、門としての役割を担っていました。下城戸、上城戸として現在も石垣や土塁をみることができます。特に下城戸には40トンを越す巨石が用いられています。

 日本有数の城下町として栄えた一乗谷ですが、朝倉義景が一乗谷を放棄して大野へと撤退したため、一乗谷城は一度も戦闘に使われることなく1575年(天正3年)には廃城となりました。

遺構

唐門

唐門《朝倉館唐門》

 朝倉館跡の正面に建っている唐破風造り屋根の門であり、遺跡の中にあっても象徴的な建築物です。

 しかしこの門は朝倉氏があった時代のものではなく、朝倉義景の菩提を弔うために作られた松雲印の寺門として作られたと伝わっています。

 現在残っているものは当時のものではなく、江戸時代中期頃に再建されたものであるとされているようです。

朝倉館跡

朝倉館跡《朝倉館跡》

 歴代の朝倉氏当主が居住した館の遺構です。
 土塁や堀に囲まれた敷地内にあって、その面積は約6,400平方メートル。その内部には17棟の建物があったと考えられています。

朝倉義景墓所

朝倉義景墓所《朝倉義景墓所》

 朝倉館跡の東南の隅に建てられたもので、1576年(天正4年)に小祠を村民が建て、のちの1663年(寛文3年)に福井藩主であった松平光通が墓塔を建立しました。

 朝倉義景の墓所はここだけでなく、福井県大野市(義景の没地)にも江戸時代に建てられたものが存在します。

中の御殿跡

中の御殿跡《中の御殿跡》

 朝倉義景の母である光徳院が居住した場所であり、歴代当主の妻子が暮らした御殿であったと伝わっています。

湯殿跡庭園

湯殿跡庭園《湯殿跡庭園》

 一乗谷にある庭園の中で最も古く、10代目朝倉孝景の頃のものであると考えられているようです。

 庭池は南北に細長く、汀線は複雑に入り組んだ形をしており、周囲には山石の巨石による護岸石組や滝石組、三尊石組など豪快な石組みがなされています。

諏訪館跡庭園

諏訪館跡庭園《諏訪館跡庭園》

 朝倉義景の側室であった小少将の屋敷跡であると伝わっている場所で、その規模は一乗谷にある庭園の中でも最大の廻遊式林泉庭園です。そのやめ日本でも第一級の豪華さであるともいわれています。

 上段にある滝副石の表面には心月寺十八世月泉和尚により、1847年(弘化4年)に朝倉教景、朝倉貞景、朝倉孝景の法号を刻んで供養しているとされています。

城下町

復原町並《復原町並》

 計画的に形成された町並みで、現在は発掘調査と復原により、復原町並みとして原寸大の建物が公開されており、いわゆる立体模型としては日本初でした。

交通アクセス

 ・JR越美北線 一乗谷駅より徒歩約30分。
 ・京福バス62 一乗谷東郷線 復原町並 にて下車。
 ・遺跡内無料周遊バス 朝倉ゆめまる号 土日祝日に30分間隔で運行。

城郭カテゴリの最新記事