石川数正 ~謎の出奔を遂げた、徳川家康の懐刀

石川数正 ~謎の出奔を遂げた、徳川家康の懐刀

石川数正

丸に竜胆 石川数正とは戦国時代の武将です。
 当初、徳川家康の片腕ととして活躍するも、小牧・長久手の戦いの後に謎の出奔を遂げ、豊臣秀吉に臣従しました。
 信濃松本藩の初代藩主とされている人物です。

 石川数正 (いしかわ かずまさ)
 生年  1533年(天文2年)
 没年  1593年(文禄2年)
 改名  助四郎⇒数正⇒康輝⇒吉輝
 別名  康昌 康輝 吉輝
     通称:与七郎 伯耆守 出雲守
     法号:箇三寺
 家紋  丸に竜胆
 主君  徳川家康⇒豊臣秀吉
 親   父:石川康正
     母:松平重吉娘
 兄弟  女(松平家信室)
 妻   正室:内藤義清娘
 子   康長 康勝 康次

三河石川氏

 数正の出自である石川氏は、元々、河内源氏である八幡太郎義家の六男・陸奥六郎義時が、河内国壷井の石川荘を相伝し、その三男であった義基が石川源氏である石川氏の祖になったといわれています。

 数正の家系は三河国に下った石川氏の与党であったとされています。

 数正は1533年(天文2年)に石川康正の子として誕生しました。

徳川家康家臣時代

 数正は徳川家康が駿河の戦国大名であった今川義元の人質時代より、仕えていたとされています。

 1560年(永禄3年)、今川氏と織田氏の間に桶狭間の戦いが勃発。
 これにより今川義元は討死し、これを機に家康は独立を果たしました。

 しかし当時、家康の嫡男・信康と正室の築山殿は今川氏の人質となっており、数正は交渉のために駿府へと赴き、これを取り戻すことに成功します。

 1561年(永禄4年)の石ヶ瀬川の戦いにおいては先鋒を務め、活躍しました。

 1562年(永禄5年)、数正は尾張の戦国大名・織田信長と交渉を行い、徳川・織田による清洲同盟成立に貢献。

 1563年(永禄6年)には三河一向一揆が勃発すると、父であった康正は家康を裏切り一揆に加担するも、数正は浄土宗に改宗して家康に尽くします。

 石川宗家の家督は叔父の石川家成が継ぐことになりましたが、これは家成が家康の従兄弟であったためです。
 一方で数正も家康の近習であったことから家老に任じられることとなり、酒井忠次や石川家成に次いで重用されました。

 家康の嫡男であった信康が元服すると、その後見人にもなっています。

 1569年(永禄12年)になると、西三河旗頭であった叔父・家成が遠州東部の要衝であった掛川に転出。
 これにより数正は叔父に代わって西三河の旗頭となりました。

 1570年(元亀元年)には朝倉浅井連合軍と戦った姉川の戦いに参戦。

 1572年(元亀3年)には武田信玄の西上作戦による三河侵攻が始まり、三方ヶ原の戦いに出陣。

 1575年(天正3年)には長篠の戦いにて武田勝頼と戦うなど、主要な合戦に参戦し、武功を挙げました。

 1579年(天正7年)には家康嫡男・信康が切腹する事件に至り、数正は信康に代わって岡崎城代になります。

 1582年(天正10年)、本能寺の変が勃発し、家康の同盟相手であった織田信長が横死。
 信長死去後はその家臣であった羽柴秀吉が台頭し、その勢力を増すと、家康は数正に命じて秀吉との交渉を担わせたとされています。

 1584年(天正12年)には家康と秀吉が戦った、小牧・長久手の戦いが起き、数正もこれに参戦。
 数正は家康に和睦を提言したとされていますが、一方でこれは作り話である、という説もあるようです。

出奔とその影響

 このように家康のもとで活躍してきた数正でしたが、1585年(天正13年)、家康のもとより出奔し、秀吉のもとへと走りました。

 この出奔の理由や原因は未だに謎であり、諸説入り乱れていますが、現代でも分かってはいません。

 ともあれ数正の出奔は家康や徳川氏に衝撃を与え、家康は機密漏洩を防ぐために三河以来の軍制を武田流に改めざるを得なかった、とされています。

 数正は秀吉に臣従すると、秀吉から河内国の中かなら8万石を与えられました。
 この時に秀吉から一字をもらい、吉輝と改名。
 出雲守吉輝と称しました。

 その後、1590年(天正18年)には小田原征伐が始まり、後北条氏が滅亡。

 この結果、家康は関東に移封となり、数正は信濃国松本10万石に移封及び加増されました。

 松本に移った数正は、松本城を築城し、城下町の建設・整備などを行って政治基盤を固めることに尽力。

 そして1593年(文禄2年)に死去しました。享年61。
 石川家の家督は長男・康長が受け継ぎ、10万石あった遺領のうち、8万石を長男・康長が、1万5000石を次男・康勝が、5000石を三男・康次が分割相続しました。

出奔の理由についての諸説

 ・秀吉との交渉を担当する間に、秀吉の器量にほれ込んでしまったという説。
 ・秀吉の巧みな篭絡にのせられたという説。
 ・対秀吉強硬派である本多忠勝らとの対立があり、徳川家中において立場が悪化したためという説。
 ・数正がかつて従わせた小笠原貞慶が秀吉と内通して離反したため、その責任を追及されたという説。
 ・信康の後見人であたっため、信康切腹により家康と不仲になったという説。
 ・信康死去が、徳川家の実権が数正の岡崎衆から酒井忠次の浜松衆に代わり、立場を失ったためという説。
 ・父・康正の離反により、石川家の家督が叔父・家成に引き継がれ、数正は傍流に甘んじざるをえなかったためという説。
 ・家康と謀り、徳川のために犠牲となることを承知で投降した振りをしたという説。

スポンサードリンク

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
石川数正  70  55  79  84

 家康の懐刀だけあって、優秀な武将です。
 軍功を挙げた経歴も多いですが、交渉人としての方を評価されたのか、政治が高いですね。

徳川家カテゴリの最新記事