今川義忠 ~今川氏第8代当主にして、今川義元の祖父

今川義忠 ~今川氏第8代当主にして、今川義元の祖父

足利二つ引両 今川義忠とは室町時代から戦国時代にかけての武将であり、駿河国の守護大名です。
 今川宗家の8代目及び駿河今川氏の6代目に当たり、桶狭間の戦いで討死したことで知られる今川義元の祖父に当たる人物になります。

 今川義忠(いまがわ よしただ)
 生年  1436年(永享8年)
 没年  1476年(文明8年)
 別名  彦五郎
 主君  足利義政⇒足利義尚
 親   父:今川範忠 母:上杉氏定の娘
 兄弟  範勝 範慶
 子   正親町三条実望室 氏親 心範 

父・範忠の名代として転戦

 今川義忠は1436年(永享8年)に今川範忠の嫡子として誕生します。

 1441年(嘉吉3年)に嘉吉の乱(守護・赤松満祐が将軍・足利義教を暗殺した事件)が勃発すると、父・範忠の名代として尾張国まで出陣したとされています。

 このことに関して『今川記』では、義忠の祖父である今川範政となっていますが、この時すでに範政は死去しており、そのため名代は義忠と考えられているようです。
 しかしこの時、義忠はまだ幼少であったため、果たして本当に名代を果たせたのか疑問が残るところです。

 1454年(康正2年)に勃発した享徳の乱においては、室町幕府より鎌倉公方である足利成氏の討伐を命じられ、義忠は父の名代として出陣し、鎌倉を落とす功を挙げました。
 これにより将軍・足利義政より感状を受けたとされます。

 またちょうどこの頃に元服し、将軍・義政の名前と父・範忠の名前からそれぞれ一字を受けて、「義忠」と名乗ったようです。

 1461年(寛正2年)に範忠が危篤となると、父の跡を受けて守護職を継承しました。

 範忠が死去し、家督を継いだ義忠はその後も幕府の命を受け、1466年(寛正6年)には古河へ移った足利成氏の討伐を命じられています。

斯波氏との対立

 今川氏は駿河を初め、隣国である遠江守護も一門で有していましたが、1419年(応永26年)以降には、遠江守護は斯波氏に取って変わられていました。

 また駿河今川氏の分家である遠江今川氏は、今川範将の代に彼が起こした中遠一揆により、その勢力を弱め、代わりに斯波氏の台頭を許すようになっていきます。

 今川範将の子である今川貞延は居城である見付城を追い出され、それを駿河今川家が庇護したことにより、今度は斯波氏と駿河今川氏との間で対立していくことになりました。

応仁の乱

 1467年(応仁元年)に世にいう応仁の乱が勃発します。
 義忠は足利政知と相談し、将軍警護の名目に上洛して花の御所に入りました。

 この際、西軍である山名宗全から西軍への勧誘もあったのですが、義忠は東軍に属することになります。

 東軍に属した要因として、西軍には遠江守護であった斯波義廉がおり、その斯波氏と対立している関係上、今川氏は東軍に属することになったようです。

 この応仁の乱の最中、上洛中に義忠は伊勢新九朗こと北条早雲の姉妹である北川殿と結婚しました。

 伊勢氏は幕府政所執事の名門であり、新九朗はその幕臣であって、その父である伊勢盛定が今川家との申次衆(もうしつぎしゅう)を務めていた縁から、義忠の元に盛定の娘が嫁ぐことになったと考えられています。

 この北川殿との間に、嫡子となる今川氏親が生まれており、北条家との縁もここから始まることになりました。

 1468年(応仁2年)になると、東軍・細川勝元からの要請で、東海道にある斯波義廉の分国を撹乱すべく、義忠は駿河に帰国。遠江の進出を積極的に行います。

 1473年(文明5年)には、三河守護であった細川成之の支援のために、三河へと出陣。

 ところが兵糧用として将軍から預けられた所領を巡り、同じ東軍である尾張守護の斯波義良や、三河の吉良義真の被官となっていた遠江の国人である巨海氏や狩野氏とも対立し、これを滅ぼしました。
 そのため東軍同士でありながら、斯波義良や細川成之と対立することになってしまいます。

 さらに1475年(文明7年)には、甲斐敏光(斯波義廉の重臣)が西軍から東軍に寝返り、遠江守護代に任じられます。
 かねてからの斯波氏との対立により、遠江から斯波氏を追い出したい義忠との関係は当然ながら悪化し、遠江はさらに混沌とした情勢になっていきました。

 そして1476年(文明8年)、遠江の国人・横地四郎兵衛と勝間田修理亮が斯波義良に通じ、義忠に背いたため、これを討つべく出陣します。

 義忠は二人を討ち果たしたものの、その帰途、両人の残党による一揆に急襲され、流れ矢に当たって討死しました。

義忠の死と後北条家誕生

 最後に義忠は横地四郎兵衛と勝間田修理亮を討ち果たしましたが、この二人が内通しようとしていた相手は斯波義良であり、二人がその配下にあった以上、そもそも内通ではなく守護の指示に従っただけといえます。

 それをいわれもなく討った義忠の行動こそが守護や幕府に対する反抗に当たり、今川家そのものが謀反人に当たる可能性がありました。

 義忠の嫡子・氏親はまだ6歳と幼く、そのため義忠の従兄弟である小鹿範満が内紛を起こし、今川家は混乱します。
 また扇谷上杉家の家宰であった太田道灌が、外戚として介入する可能性すら生まれ、幕府は今川家の内紛を調停するために幕臣・伊勢盛時を駿河に下向させました。

 伊勢盛時こそ伊勢新九朗と呼ばれたのちの北条早雲のことで、義忠の義兄弟でもあったことから両者の絆は深まり、更には北条家が関東に進出するきっかけとなったといわれています。

今川家歴代当主

 第一代  今川国氏 1243年~1282年
 第二代  今川基氏 1259年~1323年
 第三代  今川範国 1295年~1384年
 第四代  今川範氏 1316年~1365年
 第五代  今川泰範 1334年~1409年
 第六代  今川範政 1364年~1433年
 第七代  今川範忠 1408年~1461年
 第八代  今川義忠 1436年~1476年
 第九代  今川氏親 1471年~1526年
 第十代  今川氏輝 1513年~1536年
 第十一代 今川義元 1519年~1560年
 第十二代 今川氏真 1538年~1615年

人物カテゴリの最新記事