井伊直盛 ~桶狭間に散った、井伊直虎の父

井伊直盛 ~桶狭間に散った、井伊直虎の父

丸に橘 遠江の国人であった井伊氏の当主であり、井伊谷城の城主。
 女領主として知られる井伊直虎の父親に当たる人物として知られています。

 井伊直盛(いい なおもり)
 生年  1526年(大永6年)
 没年  1560年(永禄3年)
 別名  次郎
 主君   今川義元
 親   父:井伊直宗
 兄弟  山内勝近
 妻   祐椿尼(新野親矩の妹)
 子   井伊直虎
 養子  井伊直親

井伊直宗

 井伊直宗の子として、1526年(大永6年)に誕生。

 井伊家は井伊直平の時代に今川の支配化に入ります。しかし元々遠江の国人であったこともあり、駿河から侵出して遠江を支配下に収めた今川氏とは、微妙といわざるを得ない距離感があったようです。

 父親である直宗は1542年(天文11年)に今川義元に従って、三河の田原城を攻めます。

 これは今川家が三河の支配を確立している最中、松平広忠の嫡男・竹千代(徳川家康)を人質として迎え入れようとしていた時に、その護送を請け負った戸田康光が裏切って、竹千代を織田家に送ってしまったという事件が起きてしまったからですね。

 そのため今川氏は戸田康光の居城であった田原城を攻めるのですが、この時に直宗は戦死してしまいます。

 父親の討死により、その家督を継いだのが直盛でした。

桶狭間の戦い

 当主である今川義元は順調に勢力拡大を続け、駿河、遠江、三河と版図を拡大。今川氏の全盛期を築きます。

 三河を支配し、また甲相駿三国同盟の成立によって後顧の憂いを無くした義元は、織田氏の治める尾張に向かって大軍を動員し、侵攻を開始しました。これが1560年(永禄3年)のことです。
 直盛はその先鋒の大将として従軍します。

 大軍を擁した今川軍有利に戦局は進みますが、今川軍が桶狭間に至ると、その地にて休息しているところに織田信長自らが率いた織田軍の急襲を受け、今川義元は討死。多くの将兵も討ち取られました。

 大将の一人であった直盛も、この戦いで討死します。享年36。

家督は女領主をへて、直政へ

 直盛には男子がおらず、井伊家の家督を継いだのは従弟の井伊直親でした。

 しかし直親は家臣である小野政次の讒言によって、当主である今川氏真に誅殺されてしまいます。
 そのため家督を継ぐことになったのが、直盛の娘である直虎でした。

 その直虎が育て、また直親の遺児である井伊直政は、のちに徳川四天王として活躍し、徳川時代には彦根藩の初代藩主となり、幕末まで存続することになります。

井伊直盛 関係年表

 1526年 井伊直宗の子として誕生。
 1542年 三河田原城攻めにて父・直宗戦死。
 1544年 叔父・井伊直満・直義を謀殺される。
     跡継ぎであった井伊直親、信濃へ逃亡。
 1555年 直親帰参。
 1560年 桶狭間の戦いにて討死。享年36。

スポンサードリンク

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
井伊直盛  54  61  65  42

 能力としては平々凡々。比較的優秀な井伊一族の中では物足りない能力かもしれません。
 祖父・直平や子の直虎は有名ですが、本人の知名度はいまひとつ。
 さて大河ドラマ『おんな城主直虎』ではどう描かれるのか、見物です。

井伊家カテゴリの最新記事