本多忠朝 ~酒で身をあやまり大坂の陣にて戦死した、本多忠勝次男

本多忠朝 ~酒で身をあやまり大坂の陣にて戦死した、本多忠勝次男

本多葵(丸に立ち葵) 本多忠朝とは安土桃山時代から江戸時代にかけての武将であり、大名です。
 上総大多喜藩2代藩主であり、本多忠勝の次男として知られています。
 大坂の陣において戦死しました。

 本多忠朝(ほんだ ただとも)
 生年  1582年(天正10年)
 没年  1615年(慶長20年6月3日)
 別名  通称:内記
 家紋  本多葵(丸に立ち葵)
 主君  徳川家康
 親   父:本多忠勝
     母:阿知和右衛門の娘
 兄弟  小松姫真田信之室)
     もり姫(奥平家昌室)
     忠政
 妻   正室:一柳直盛の娘
 子   政勝
     千代(本多政朝正室)
     娘(山口某室) 出雲守

略歴

出自

 本多忠朝は1582年(天正10年)、徳川家康の重臣であった本多忠勝の次男として誕生しました。

 父譲りの勇将であったとされ、1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いにおいては父同様、活躍したといわれています。

 関ヶ原の戦い以後、その戦功により父・忠勝は伊勢桑名藩に移封。
 これによりそれまで忠勝が領していた上総大多喜5万石を与えられ、上総大多喜藩2代藩主となりました。

サン・フランシスコ号難破事故

 1609年(慶長14年)、ドン・ロドリゴ一行のスペイン船サン・フランシスコ号が航海中に難破するという事故が発生します。

 これにより50名余りが溺死し、300名余りが上総国岩和田村に上陸しました。

 この時忠朝は一行を保護及び歓待したとされ、ロドリゴの書いた「ドン・ロドリゴ日本見聞録」の中において、約40日間の滞在の間、村人は献身的に対応してくれたと書き記しています。

 忠朝もまた家臣と共にロドリゴを訪れ、幕府への報告や温情ある措置を約束したといいます。

 1610年(慶長15年)、父・忠勝が死去する前に、忠勝は軍費として1万5000両を忠朝に譲るため、遺書を残しました。

 しかし忠朝は兄・本多忠政の所領が広く費用も必要であろうことから、この金を受け取ろうとしなかったといわれ、兄・忠政もまた父・忠勝の遺言に背くわけにはいかないとして受け取らず、結果的に二人で折半することになったといわれています。

大坂の陣

 1614年(慶長19年)、豊臣氏と徳川氏との間で大坂の陣が勃発。

 忠朝は大坂冬の陣において活躍するも、酒を飲み不覚をとって、敵の猛攻の前に敗退しました。

 これを家康に咎められ、翌1615年(慶長20年)の大坂夏の陣においては汚名返上を決意。
 大坂の陣における最終戦となった天王寺・岡山の戦いにおいて先鋒となり、豊臣方毛利勝永軍を相手に正面突撃をかけ、奮戦するも討死しました。

 死に際し、酒のために身をあやまる者を救おう、と言い残したとされ、その死後、酒封じの神として崇められるようになったといわれています。

スポンサードリンク

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
本多忠朝  70  70  56  37

 父譲りの勇将であったといわれており、武勇はやや高め。
 とはいえ忠勝の子としては物足りない能力ですが、大坂の陣での不覚や敗死が影響しているのかもしれませんね。

徳川家カテゴリの最新記事