本多忠政 ~本多忠勝嫡男、忠勝系本多宗家第2代当主

本多忠政 ~本多忠勝嫡男、忠勝系本多宗家第2代当主

本多忠政

本多葵(丸に立ち葵) 本多忠政とは安土桃山時代から江戸時代にかけての武将であり、大名です。
 伊勢桑名藩第2代藩主及び播磨姫路藩初代藩主であり、本多忠勝の嫡男として知られています。

 本多忠政(ほんだ ただまさ)
 生年  1575年(天正3年)
 没年  1631年(寛永8年8月10日)
 別名  平八郎 家忠
 家紋  本多葵(丸に立ち葵)
 主君  徳川家康⇒徳川秀忠
     ⇒徳川家光
 親   父:本多忠勝
     母:阿知和右衛門の娘
 兄弟  小松姫真田信之室)
     もり姫(奥平家昌室)
     忠朝
 妻   正室:熊姫(妙高院、松平信康の次女)
 子   忠刻 政朝 忠義、
     国姫(堀忠俊正室、後に有馬直純正室)、
     亀姫(小笠原忠脩正室、後に小笠原忠真正室)

略歴

 本多忠政は1575年(天正3年)に徳川家康の重臣であった本多忠勝の長男として生まれました。

 姉に真田信之正室として知られる小松姫や、弟に本多忠朝がいます。

 初陣は1590年(天正18年)に行われた小田原征伐であり、武蔵岩槻城攻めにて功をあげました。

 1598年(慶長3年)には従五位下に叙せられ、美濃守を称します。

 1600年(慶長5年)には関ヶ原の戦いが勃発し、徳川秀忠の軍に属して中山道を進行。
 真田昌幸真田信繁(真田幸村)父子と戦った第二次上田合戦にも従軍しました。

 1609年(慶長14年)には父・忠勝が隠居し、家督を継承して桑名藩第2代藩主となります。

 大坂の陣のうち、1614年(慶長14年)の大坂冬の陣では徳川軍の先鋒を命じられ、また大坂城包囲戦では天神橋方面に陣を構えました。

 その後冬の陣は和睦となり、大坂城の堀を埋め立てることになった際、松平忠明らとともに埋め立て奉行を担当。

 そして翌1915年(慶長20年)の大坂夏の陣においては京都御所の警備を担当。
 その後、家康軍と合流して南下し、薄田兼相や毛利勝永と戦闘に至っています。

 この戦いで薄田軍には勝利するものの、毛利軍には敗北しました。

 豊臣氏滅亡後は西国の押さえとなるべく、1617年(元和3年)に姫路城主となって15万石を領します。

 1526年(寛永3年)には従四位下に叙せられて、侍従に任命。

 そして1631年(寛永16年)、姫路において死去しました。享年57。

 家督は次男・政朝が継ぎました。

スポンサードリンク

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
本多忠政  62  58  59  62

 猛将・本多忠勝の息子にしては平凡な能力です。
 可もなく不可もなくといったところ。
 安定した治世での大名としては、ちょうど良いのかもしれませんね。

徳川家カテゴリの最新記事