浜松城(曳馬城) ~徳川家康が本拠とした、出世城

NO IMAGE

浜松城(曳馬城)《浜松城(曳馬城)》

 浜松城とは中世の戦国時代に築城され、徳川家康が本拠とした城郭です。
 家康が城主となる以前は今川氏の支配化にあり、曳馬城(ひきまじょう)という名前で知られていました。
 また、歴代城主の中でのちに出世した者が多く、出世城とも呼ばれたそうです。

 浜松城(はままつじょう)
 別名   曳馬城(ひきまじょう)
 城郭構造 梯郭式平山城
 築城年  1504~1520年(永正年間)か?
 廃城年  1871年(明治4年)
 築城主  今川貞相か?
 主な城主 飯尾氏 松平氏 堀尾氏 井上氏 水野氏 等
 文化財  指定文化財無し
 所在地  静岡県浜松市中区元城町100−2

浜松城の起源

 浜松城はもともと曳馬城といい、15世紀に築城されました。

 誰が築城したかについては定かではなく、諸説あるようですが、一説には今川貞相(遠江今川氏四代目当主)であるとされているようです。

 曳馬城といえば今川氏家臣である飯尾氏の居城としても知られています。

 戦国時代初期において、今川氏と斯波氏の抗争の末、曳馬城主であった大河内貞綱は斯波氏に味方するわけですが、今川氏に敗北しました。
 その後、曳馬城は今川氏親の配下であった飯尾氏が支配するところになります。

飯尾氏と曳馬城の戦い

 1514年(永正11年)には飯尾乗連が城主になっていたようです。

 乗連は今川氏に仕え続けますが、桶狭間の戦い今川義元が討死すると、今川氏の衰退が始まります。
 この頃には曳馬城主も、乗連の子である飯尾連竜に代わっていました。

 この飯尾連竜は義元の跡を継いだ今川氏真に謀反の疑いをかけらえ、今川軍に包囲されて攻め立てられることになります。
 しかし連竜は重臣などが次々に討死する多大な被害を受けながらも死守し、討ち方の大将である新野親矩や三浦正俊、中野直由を討ち取り、結果的に陥落を免れます。

 これによって和議となったのですが、和議自体が謀略であり、連竜は殺害されてしまいます。

 その後、曳馬城は家老である江間氏によって守られるも、今川氏に対して駿河侵攻の一翼を担っていた徳川家康によって攻略されました。

 この時、連竜の未亡人となっていたお田鶴の方が中心となって曳馬城を死守したことが知られています。
 お田鶴の方は家康の降伏勧告を受け入れず、侍女らと共に徹底抗戦し、討死しました。

浜松城に改名

 1570年(元亀元年)に、徳川家康は甲斐の武田信玄の侵攻に備えるため、それまでの居城であった岡崎城から曳馬城へと本拠を移すことになります。

 この際に曳馬城は拡張され、またその名前である曳馬という名前は「馬を引く」という意味に繋がり、敗北を示唆することから縁起が悪いということで、この地の荘園につけられていた浜松荘から名前を取り、城名はもちろん地名までも「浜松」に改めたとされています。

三方ヶ原の戦い

 武田信玄の西上作戦発動により、その侵攻を受けた家康は、1573年(元亀3年)の三方ヶ原の戦いにおいて武田軍を相手に大敗北を喫してしまいます。
 これは家康本人が討死寸前にまで追い込まれるほどの、手痛い敗北でした。

 家康は命からがら浜松城へと逃げ帰り、迫り来る武田軍に対して空城の計を行ったとされます。

 これは城門をすべて開け放ち、かがり火を炊いて無警戒の様相を呈すことで逆に敵方の疑心暗鬼を誘うものでした。
 結果的にこれはうまくいき、武田軍は城内への突入を躊躇った挙句、引き上げたとされます。

 九死に一生を得た家康は1586年(天正14年)まで浜松を本拠としていましたが、のちに駿府へ本拠を移すことになります。
 家康が浜松城主であったのは17年間で、29歳から45歳までの間でした。

江戸時代以降、明治から昭和まで

 家康が本拠を移した後は、豊臣秀吉の家臣である堀尾吉晴と堀尾忠氏が11年間、城主を務めます。

 その後、徳川の一族である徳川頼宣が領地としていた時期もありましたが、それ以外は徳川の譜代大名家が次々に入ったとされています。

 そして明治時代に入ると廃城となり、城郭は破壊されました。

 現在では1950年に浜松城公園とされ、1958年に鉄筋コンクリート製の天守が再建され、いわゆる模擬天守となっています。

出世城と呼ばれた所以

 これは浜松城主を務めた人物の多くが、江戸幕府の重役に出世したため、そのように呼ばれているわけですが、逆に不祥事を起こしたことで左遷された例(井上正甫)もあるようです。

交通アクセス

 ・東海旅客鉄道(JR東海)東海道新幹線・東海道本線浜松駅、遠州鉄道鉄道線新浜松駅より徒歩約20分。
 ・浜松駅バスターミナル 遠鉄バスで市役所前・市役所南・美術館・浜松城公園入口のいずれかで下車。

城郭カテゴリの最新記事