道明寺の戦い ~後藤又兵衛の最後の戦いである、大坂夏の陣

道明寺の戦い ~後藤又兵衛の最後の戦いである、大坂夏の陣

 道明寺の戦いとは、大坂方豊臣家と江戸幕府との間で行われた大坂の陣の戦いの一つであり、大坂城五人衆で知られる後藤基次(又兵衛)が討死した戦いとして知られています。

 道明寺の戦い(どうみょうじのたたかい)
 年月日  1615年(慶長20年5月6日)
 場所   河内国志紀郡道明寺村及び誉田村
 交戦勢力 豊臣軍 対 江戸幕府軍
 指揮官  豊臣軍:前隊・後藤又兵衛(基次)
          後隊・真田信繁(幸村)
            ・毛利勝永
      幕府軍:総大将・松平忠輝
          先鋒大将・水野勝成
          二番手・本多忠政
          三番手・松平忠明
          四番手・伊達政宗
 戦力   豊臣軍:18,400
      幕府軍:34,300
 結果   幕府軍の勝利

大坂方の戦術

 すでに行われた大坂冬の陣において、いったん両者は和議となりましたが、その条件によって大坂城の堀は全て埋められることになります。
 冬の陣のおいては篭城か、迎撃かで議論が紛糾したものの、すでに丸裸になってしまった大坂城に以前のような防御能力は無く、大坂方としては打って出ざるを得ない状況になっていました。

 この状況に際し、幕府軍は河内、大和、紀伊方面といった、大坂城の南側より大坂城に向け進軍。
 先鋒は水野勝成で、総大将は松平忠輝、その他に本多忠政、松平忠明、伊達政宗率いる部隊によって構成された軍は、34,300という戦力でした。

 これに対し大坂方は、4月30日(旧暦)に幕府軍が河内平野に侵入してくるところを狙って迎撃するという大まかな方針を立て、翌5月1日に後藤又兵衛率いる前隊と真田信繁毛利勝永率いる後隊が出陣します。
 兵力は、後藤隊6,400と真田・毛利隊12,000の、合わせて18,400というものでした。

 5月5日になって河内国に入った大坂方は、いったん道明寺付近に集結し、狭まった土地で大軍の進軍が困難になる国分村にて幕府軍を迎え撃つ段取りで戦術を立てます。国分村は幕府軍が進軍していた大和路の平野部の出口にあたる場所でした。

作戦の破綻と、後藤又兵衛の戦死

 又兵衛直下の隊2,800は、日が変わった5月6日の深夜に出発し、夜明け前に道明寺に到着します。

 ところがこの時点で、又兵衛の隊以外は一つも到着していない状況でした。そして反対に、目的地であった国分村にはすでに水野勝成率いる幕府軍が到着していたのです。

 この時点で、作戦の失敗を認めざるを得ませんでした。
 又兵衛は次善の策として、道明寺村と国分村の中間にあった小松山に登り、陣を構えることにします。

 このことは知った幕府軍は、小松山を包囲。
 午前4時になって、又兵衛は水野勝成の率いる先鋒隊の中の、松倉重政、奥田忠次隊を相手に戦闘を開始します。これは奥田忠次が抜け駆けで攻撃を仕掛けてきたために始まったものでした。
 これに対して又兵衛は奮戦し、奥田忠次を返り討ちにする戦果を挙げます。

 更には松倉隊も崩れそうになりますが、山の背後に回っていた水野隊が来援したことで、持ち直すことになります。

 その後、幕府軍は小松山を完全に包囲。伊達隊や松平隊らによる銃撃を加えつつ、攻め寄せました。
 これを又兵衛は何度も撃退し、押し戻したものの、包囲する敵は10倍となっており、ついには覚悟を決め、幕府軍に対して突撃を敢行します。

 そして伊達家家臣・片倉重長の銃撃を受けて被弾。
 正午頃までの激闘は約8時間にも及び、ついには又兵衛は戦死。彼の率いた隊も壊滅しました。
 又兵衛は負傷した後に、人知れず自害したといわれています。

 この8時間もの間、10倍する兵を相手に孤軍奮闘した後藤又兵衛の勇猛振りは後世にも伝わっていますが、これは俗説の感が強いようで、この時代にありがちな誇張表現のようです。

 また敗戦の原因ともなった、後藤又兵衛の隊以外の大幅な遅参について、濃霧によって出立時刻を誤ってしまった、もしくは濃霧によって行軍がうまくいかなかった(大坂勢は寄せ集めの軍隊であったため、練度が低かった)など、霧に関するものが伝わっています。
 しかし濃霧は又兵衛の隊も同様であったはずなので、そこを定刻通りに進軍できたのは又兵衛の統率力のなせる技と評価すべきなのかもしれません。
 また上記に関連して、もともと又兵衛の隊は後続が到着するための時間稼ぎが任務だった、などと、諸説あるようです。

誉田の戦い

 又兵衛が戦死した後になり、ようやく前隊の半分である薄田兼相、明石全登、山川賢信らの隊が道明寺に到着。
 戦死した又兵衛代わり、前隊の指揮をとった薄田兼相は奮戦するものの、ついには戦死。残りの部隊は誉田村まで下がることになりました。
 そのためこの戦いは、道明寺・誉田合戦とも呼ばれています。

 ここにきてようやく後隊である毛利隊が到着し、更に遅れて真田隊が到着します。
 到着が大幅に遅れたことで前隊はすでに壊滅し、又兵衛は討死している状況に、信繁は勝永に対して嘆き、討死を覚悟する旨告げましたが、勝永はこれを励まし、玉砕ではなく生きて帰るための撤退戦を決意させました。

 誉田村に着陣した毛利・真田隊を確認した片倉重長は、ただちに攻撃を開始。
 殿軍を受け持った真田隊は、鉄砲隊による攻撃を仕掛けてきた片倉隊に対し、鉄砲で応戦。激しい銃撃戦となりました。
 片倉重長は自ら真田隊を切り伏せる活躍をみせ、信繁の寄騎であった渡辺糺が負傷するなど激戦となりましたが、真田隊はこれを押し戻し、撃退に成功します。

 真田隊はこの機に後退し、毛利隊と合流。
 幕府軍も軍を建て直し、誉田を挟んで両軍がにらみ合う膠着状態となります。

 しかし午後2時頃になって、別方面で戦っていた長宗我部盛親は八尾の戦いで勝利するも、若江にて戦っていた木村重成は戦死して敗北し、結果的に長宗我部勢も撤退せざるを得なくなり、夕方4時頃から天王寺方面に向けて撤退することになりました。
 幕府軍はこの時、早朝からの連戦が続いて疲弊しており、追撃がかけられることはありませんでした。

 そして翌日には大坂の陣の最終決戦となる、天王寺・岡山の戦いが繰り広げられることになるのです。

スポンサードリンク

大坂の陣 関連&参考ページ

大坂の陣 ~冬の陣から夏の陣へ、豊臣家滅亡と元和偃武
真田丸の戦い ~真田日本一の兵を知らしめた、大坂冬の陣
樫井の戦い ~塙団右衛門(塙直之)の最期、大坂夏の陣の前哨戦
八尾の戦い ~長宗我部盛親が藤堂高虎に勝利した、大坂夏の陣
若江の戦い ~豊臣の若武者・木村重成の最期の戦いである大坂夏の陣
天王寺・岡山の戦い ~戦国時代の終焉か、大坂夏の陣最終決戦
大坂城五人衆

合戦カテゴリの最新記事