塙直之 ~塙団右衛門参上

NO IMAGE

 この人物は大坂の陣の際に、自分の名を書いた木札をばら撒いたとして有名な武将です。
 その他、派手に活躍しており、後世に講談などによって有名になり、塙団右衛門という通称がよく知られていますね。

 塙直之(ばん なおゆき)
 生年  1567年?(永禄10年)
 没年  1615年(元和元年)
 改名  塙長八⇒塙団右衛門直之
 別名  団右衛門
 主君  ?⇒加藤嘉明⇒小早川秀秋⇒松平忠吉⇒福島正則⇒豊臣秀頼
 妻   可部屋桜井氏
 子   桜井平兵衛直胤

関ヶ原の戦いにて

 直之の出自はよくわかっておらず、謎とされています。
 定かではありませんが、1567年に生まれたともいわれているようです。

 尾張の織田家の家臣に塙直政という人物がいるため、その縁者と可能性があるとされている一方、実は関東の北条家や千葉氏の家臣であったとか、諸説あって定かではないようです。

 はっきりしたことが知られているのは朝鮮出兵のあたりからで、豊臣家臣であった加藤嘉明に仕えていたことは確かなようです。直之はこの朝鮮出兵で活躍し、武功をあげました。

 しかし1600年に関が原の戦いが勃発すると、功を焦ってか独断行動をしてしまいます。鉄砲大将を任されていたというのに、勝手に足軽隊を出撃させるという命令無視をしてしまったわけですね。

 この直之の勝手な振る舞いに、当然嘉明は怒り、将たる器が無い、と叱責されます。
 これに対して直之は憤慨します。

 遂不留江南野水 高飛天地一閑鴎

 という漢詩を残し、嘉明のもとから出奔してしまいました。

 ちなみにその意味は、カモメは小さな水に留まることなく天高く飛ぶ、というもので、カモメは直之で小さな水というのが嘉明なわけで、そんな風に揶揄されて嘉明も怒り、奉公構を出すほどでした。

 奉公構というのは再就職を妨害するための要請のようなものであり、有名なものでは後藤又兵衛などが黒田長政に奉公構を出され、大坂の陣まで牢人する羽目になった例がありますね。

 しかし直之はその後小早川秀秋に仕え、禄を得ます。ここでも鉄砲大将になったようです。
 ところが小早川秀秋はすぐに死去してしまい、直之は再び牢人に。その後松平忠吉に仕えるも、忠吉もまた死去してまた牢人に逆戻りし、ならばと福島正則に仕えるも、嘉明の抗議によって三度牢人に戻ってしまいました。

 直之もさすがに諦めたのか仏門に入り、剃髪。名前を鉄牛と称しました。
 しかし刀を帯びたまま托鉢などを行うという生臭いもので、当然のごとく檀家から不興を買っていたようです。

夜討ちの大将 塙団右衛門直之

 豊臣と徳川の間に戦が起こると、直之はどちらにつくか考え、一発大逆転のために豊臣方につくことを決め、大坂城に向かいます。そこで大野治房の配下となりました。

 直之は志願して蜂須賀至鎮の陣に対して夜襲を敢行。手柄を立てますが、その際に本町橋にて「夜討ちの大将 塙団右衛門直之」という木札をばら撒かせた話は有名ですね。
 これはかつて将たる器が無いと叱責した嘉明に対し、自分にその器があると示すためのものであったと言われています。

夏の陣にて

 大坂夏の陣では部将となり、大野治房の元で出陣し、紀州攻めに参加。

 樫井の戦いにおいて一番槍の功名を先陣の岡部大学(仲が悪かったそうです)と争い、先走って暴走してしまいます。

 気づけば敵中のど真ん中におり、奮戦するも多勢に無勢で、最期は八木新左衛門によって討ち取られました。
 ちなみに直之の友であった淡輪重政もまた敵中に突撃して戦死。手柄争いをした岡部大学は生還するも、直之を見捨てたとの批判を受け、自害しようとするも毛利勝永に止められたといいます。

塙直之 関係年表

 1567年 この頃に生誕か。
 1600年 関ヶ原の戦い。加藤嘉明のもとより出奔。
 1602年 小早川秀秋死去し、牢人に。
 1607年 松平忠吉死去し、牢人に。
 1614年 大坂冬の陣。本町橋の野戦に参加。
 1615年 大坂夏の陣。樫井の戦いにて討死。

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
塙直之  62  71  20  9

 戦では使えますが、それ以外では使えない能力値。
 脳筋ですねえ……見事に。

人物カテゴリの最新記事