朝倉宗滴 ~武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候

朝倉宗滴 ~武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候

九頭竜川《朝倉宗滴が勇名を馳せた九頭竜川》

三つ盛木瓜 朝倉宗滴とは、朝倉氏三代(朝倉貞景朝倉(宗淳)孝景朝倉義景)に仕え、一族の宿老として当主を補佐し、また自身は朝倉家総大将として各地を転戦してその武名を轟かせた名将です。
 本名は教景といいますが、法名である宗滴の名の方がよく知られています。
 ちなみに有名な茶器の一つである、九十九髪茄子を持っていた人物です。

 朝倉宗滴(あさくら そうてき)
 生年  1477年(文明9年)
 没年  1555年(天文24年)
 改名  小太郎⇒教景⇒宗滴
 別名  太郎左衛門尉
 家紋  三盛木瓜(みつもりもっこう)
 主君  朝倉氏景朝倉貞景
     ⇒朝倉孝景朝倉義景
 親   父:朝倉(英林)孝景
     母:桂室永昌大姉
 兄弟  氏景 景明 孫四郎 景総
     教景(以千宗勝)
     時景(景親) 景儀
 妻   朝倉景冬娘
 子   蒲庵古渓 養子:景紀

誕生から敦賀郡司まで

朝倉家の嫡男として

 朝倉宗滴は1477年(文明9年)、朝倉(英林)孝景の末子(八男)として誕生。

 朝倉家一門ではその名前を名乗る際に、「景」の字が使用されるのですが、当主はこの「景」の字を下につけるもので、それ以外の一門の人物は上につけるという慣習があったようです。

 もちろんこれは絶対に、というわけでもなかったようですが、それ以外にも教景という名前を父・孝景や祖父・家景がいっとき名乗っていたことや、また曽祖父の名前であることなどから、末子でありながら嫡男として考えられていたという説があるようです。

 とはいえ父・孝景は1481年(文明13年)に死去。
 朝倉宗滴はこの時4歳であり、年齢的にも家督を継ぐことは不可能であり、その地位は兄である氏景が継ぐことになりました。

朝倉景豊の謀反と宗滴の野心

 1503年(文亀3年)、敦賀郡司であった一門の朝倉景豊が謀反を計画します。景豊の姉や妹は朝倉一族に嫁いでおり、それら義兄弟の力を借りて、朝倉宗家に対して謀反を目論み、義理の兄弟である宗滴にも当然声がかかったわけです。

 この時に宗滴に野心があったのかといえば、答えはYesであったといえるでしょう。元々宗滴は嫡子であり、当時朝倉家当主であった貞景に対し、下克上を画策していたようです。

 しかしこの時朝倉宗家の支配は確立しており、体制は磐石。下克上は容易でないと判断した朝倉宗滴は、最終的に裏切りを回避し、逆に景豊の謀反を貞景に密告します。これによって景豊は失脚し、宗滴はその功によって敦賀郡司に任命されました。
 以降、朝倉宗滴は朝倉宗家を支える存在になっていきます。

金ヶ崎城址《宗滴が城主を務めた敦賀郡司居城 金ヶ崎城址》

九頭竜川の戦い

 1506年(永正3年)、本泉寺住持蓮悟が檄文を発し、加賀の一向一揆が越前へと侵攻します。

 これは越前で起きた一向一揆に加勢する形で、加賀・能登・越中の一向一揆が越前へと侵入したもので、越前国を支配する朝倉家はこれを迎撃するために出陣。
 朝倉宗滴は他の門徒と朝倉家による連合軍を率い、宗滴は総大将として九頭竜川にて対峙しました。

 これが世に言う九頭竜川の戦いです。

 朝倉勢兵8,000~16,000といわれている一方で、一揆群30万。
 このとんでもない一揆側の兵力は、かなりの誇張があったとみられているものの、彼我の兵力差がかなりあったことは間違いないと思われます。

 多勢に無勢な状況に宗滴は機先を制するため、夜半に渡河して一揆軍を奇襲。これがうまくいき、一揆側は敗退。朝倉宗滴の武名を轟かすことになりました。

各地への転戦

 1517年(永正14年)、朝倉宗滴は若狭守護である武田氏の援軍として出陣。若狭の逸見氏及び丹後守護代・延永氏の反乱を鎮圧。

 1525年(大永5年)には、六角氏に協力して浅井亮政を牽制。五ヶ月に渡って小谷城の一角に陣取り、浅井、六角との調停役を務めました。
 この際に宗滴が浅井家を助けたことが、その後の朝倉・浅井家が盟友になるきっかけになったといわれています。

 1527年(大永7年)には、幕府の要請で朝倉宗滴は養子の朝倉景紀と共に上洛。
 川勝寺口の戦いにおいて勝利します。

 ただしこの時援軍を要請した管領・細川高国と宗滴の間に不和があったようで、朝倉軍は撤退してしまいました。

 幕府といった中央からの要請で出陣し、またそれに勝利していったことで、朝倉家の地位向上に努めることができたのは、朝倉宗滴の活躍あってのことだったといえるでしょう。

スポンサードリンク

朝倉宗滴の最期

 1527年(大永7年)になると、宗滴は養子であった朝倉景紀に敦賀郡司を譲ります。

 1531年(享禄4年)には加賀の内紛である享禄の錯乱に介入。

 そして1555年(天文24年7月21日)、加賀一向一揆を討つために、朝倉宗滴は越後の長尾景虎(上杉謙信)と呼応して加賀に出陣。一気に南郷・津葉・千足といった城を落とします。

 しかしこの戦いの最中、朝倉宗滴は陣中において病に倒れ、朝倉景隆に総大将を任せて一乗谷に帰還。9月8日に病死しました。享年79。

 この朝倉宗滴の死は、1555年(天文24年)に行われた川中島第二次合戦において、上杉謙信・武田信玄の和睦という形で影響を与えることになりました。

朝倉宗滴の評価

 朝倉宗滴は朝倉家当主ではなかったものの、実質上の当主といっても過言ではない存在でした。

 宗滴は各地に転戦し、戦いに明け暮れるも周辺諸国は朝倉家に対して手出しできず、越前国自体には平和がもたらされ、その全盛期を築くことになります。

 しかしこれが良かったかどうかは微妙なところで、朝倉宗滴の死によって朝倉氏が一気に衰退していくことになり、その後二十年を待たずに朝倉家は織田信長によって滅ぼされることになります。あまりに朝倉宗滴が優秀であったため、それを引き継げる人材がいなかったことが、こういう結果をもたらしたともいえるでしょう。

 とはいえこれは何も朝倉家に限ったことではなく、この戦国時代においてはよくある光景であったともいえます。

 ちなみに朝倉家を滅ぼした織田信長について、朝倉宗滴が生前に評価し、その才能を見抜いていたという逸話は何とも皮肉な話です。

 また、朝倉宗滴の家臣であった萩原八郎右衛門尉宗俊がまとめたとされる『朝倉宗滴話記』の中に、「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」という有名な記述があります。

朝倉宗滴 関係年表

 1477年 朝倉(英林)孝景の八男として誕生。
 1481年 父・孝景死去。
 1503年 朝倉景豊の謀反。
 1506年 永正三年の一向一揆。九頭竜川の戦いに勝利。
 1517年 幕府の命により、若狭・丹後に出陣。
 1525年 小谷城へ出陣。
 1527年 足利義晴と管領・細川高国の要請で上洛。川勝寺口の戦いに勝利。
 1528年 細川高国との不和により、越前に帰国。
 1531年 享禄の錯乱。加賀に出陣。
 1548年 朝倉義景が当主になる。
 1555年 加賀に出陣。同9月に病死。享年79。

スポンサードリンク

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より能力値

  統率 武勇 知略 政治
朝倉宗滴  92  88  87  74

 さすが朝倉家随一の名将。朝倉家では最強です。
 開始年代の関係で寿命が短いのがネックですが、早い時期のシナリオを選べば四代・孝景もおり、能力も高いので、十分に勢力拡大を狙えます。

朝倉家カテゴリの最新記事