朝倉景隆 ~朝倉家の総大将を歴任した、安居城主

朝倉景隆 ~朝倉家の総大将を歴任した、安居城主

三つ盛木瓜 朝倉景隆とは戦国時代の武将であり、越前朝倉氏一門として朝倉家に仕えた人物です。
 朝倉(宗淳)孝景朝倉(宗淳)孝景、朝倉義景父子に仕えた安居城主として知られています。

 朝倉景隆(あさくら かげたか)
 生年  1508年(永正5年)か?
 没年  1570年(元亀元年)か?
 家紋  三盛木瓜(みつもりもっこう)
 主君  朝倉孝景朝倉義景
 親   父:朝倉景職 
     母:北殿(朝倉貞景長女)
 子   朝倉景健

朝倉家一門での序列

 朝倉景隆は越前朝倉氏の家臣である朝倉景職の子として、1508年(永正5年)に生まれたとされていますが、正確ではないようです。

 母親は朝倉氏9代目当主であった、朝倉貞景の長女・北殿。
 つまり11代当主になる朝倉義景の従兄弟にあたります。

 祖父は越前を統一した朝倉(英林)孝景の兄弟で、英林孝景やその子・氏景を補佐して越前統一に貢献した朝倉経景であり、母は英林孝景のひ孫であったため、朝倉一門での序列は高かったとされています。

 一門の中では大野郡司や敦賀郡司に次ぐ家柄であったようです。

朝倉家総大将として

 朝倉家においては長くに渡り、一族の名将であった朝倉宗滴が総大将を務めて各地を転戦しましたが、1555年(天文24年)の加賀一向一揆攻めの最中、宗滴は陣中にて倒れ、病死します。

 これにより宗滴の代わりに総大将を務めることとなり、軍権を委ねられました。

 景隆は朝倉家の重臣であった山崎吉家と共に加賀において、約半年以上、戦闘を継続します。

 景隆は武勇に長けていたといわれていましたが、それでも宗滴ほどの力量は無かったようで、一向一揆攻めに対して成功を収めることはできず、逆に越前国内に侵入され、各地を焼かれました。

 そのため室町幕府の仲介を得て和睦します。

 1564年(永禄7)には一門筆頭で大野郡司の朝倉景鏡(景隆や主君・義景の従兄弟)と共に総大将となって、再び加賀に出陣するなど、総大将を歴任しました。

 子である朝倉景健も、のちに姉川の戦いにおいて総大将を務めることになります。

 1570年(元亀元年)頃になり、自身の嫡男を含めた子らが相次いで三人も死去。
 これに続いて景隆もこの頃に死去したとされています。

 景隆の跡は末子であった景健が継ぎ、安居城主となりました。

スポンサードリンク

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
朝倉景隆  56  62  42  50

 武勇に長けていた、とわいれるだけあって、能力の中では(ちょこっとだけ)武勇が高め。
 しかしこれでは名将・宗滴の跡を継ぐのは厳しいですね。

朝倉家カテゴリの最新記事