朝倉家景 ~英林孝景の父にして、朝倉氏第6代当主

朝倉家景 ~英林孝景の父にして、朝倉氏第6代当主

三つ盛木瓜 朝倉家景とは室町時代の武将であり、越前朝倉氏の6代目の当主です。
 応仁の乱を経て、斯波氏より越前国の覇権を奪取することになる朝倉(英林)孝景の父親としても知られています。

 朝倉家景(あさくら いえかげ)
 生年  1402年(応永9年)
 没年  1451年(宝徳2年)
 改名  小太郎 為景 教景
 別名  孫次郎
 家紋  三盛木瓜(みつもりもっこう)
 親   父:朝倉教景
 兄弟  家景 将景 僧 僧 
     娘(織田久長室?)
 子   堀江利真室 孝景 経景
     輿市郎、景冬 光玖
     聖室宗麟 久嶽紹良 定国

事跡不明の人物

 1402年(応永9年)に朝倉教景の子として生まれました。

 父・教景は室町幕府の命に従い、関東の乱である永享の乱や結城合戦に参戦し、武功を挙げた人物として知られています。

 しかし子である家景のことについては史料が少なく、その生涯については知られていません。

 父同様、教景という諱や為景とも名乗ったとされていますが、詳しいことは分かっておらず、1451年(宝徳2年)に教景に先立つ形で死去しました。享年49。

 その家督は嫡男・孝景が継ぐことになりますが、長命であった教景がそれを補佐することになります。

 家景の子である経景や景冬、光玖といった人物は長兄である孝景を支え、朝倉氏が越前国を平定するのに誰もが一役買うことになる一方で、家景の弟である将景とは反目し、のちに孝景によって討ち取られることになるなど、家景の次の世代において、朝倉氏は争乱の時代を迎えることになるのです。

朝倉家歴代当主

第一代  朝倉広景      1255年~1352年
第二代  朝倉高景      1314年~1372年
第三代  朝倉氏景(大功宗勲)1339年~1405年
第四代  朝倉貞景(大心宗忠)1358年~1436年
第五代  朝倉教景(心月宗覚)1380年~1463年
第六代  朝倉家景      1402年~1451年
第七代  朝倉孝景(英林孝景)1428年~1481年
第八代  朝倉氏景      1449年~1486年
第九代  朝倉貞景      1473年~1512年
第十代  朝倉孝景(宗淳孝景)1493年~1548年
第十一代 朝倉義景      1533年~1573年

朝倉家カテゴリの最新記事