朝倉広景 ~越前朝倉氏初代当主

朝倉広景 ~越前朝倉氏初代当主

三つ盛木瓜 朝倉広景とは鎌倉時代から南北朝時代にかけての武将であり、のちに越前の戦国大名となる越前朝倉氏の初代当主です。
 この越前朝倉氏は最後の当主であった朝倉義景が織田信長によって滅ぼされるまで、11代に渡って続くことになります。

 朝倉広景(あさくら ひろかげ)
 生年  1255年(建長7年)
 没年  1352年(正平7年/観応3年)
 別名  孫右衛門尉
 家紋  三盛木瓜(みつもりもっこう)
 親   父:朝倉広信
 子   高景 中野愚谷 松尾宗景

朝倉氏と但馬国

 朝倉広景は1255年(建長7年)に朝倉広信の子として生まれました。

 朝倉氏とは、もともと開化天皇もしくは孝徳天皇の末裔と伝わる日下部氏の流れをくむ氏族の一つであったとされています。
 その本貫は但馬国養父郡朝倉であり、その但馬朝倉氏より越前に移ったのが、越前朝倉氏でした。

 『平家物語』によると、但馬に逃れた平盛嗣の追捕を朝倉高清が命じられたとされていますが、そこから数えて8代目に当たるのが、広景であったとしています。

 1333年(元弘3年/正慶2年)に鎌倉幕府が滅亡すると、足利尊氏の下に馳せ参じました。
 この時に斯波高経に従って越前に入ったとされています。

 尊氏と新田義貞が対立すると、義貞は越前国藤島において戦死。
 この新田義貞討伐で戦功を立てたことで、黒丸城を与えられました。

 以後、広景は黒丸に移住。
 この地に住んだことで、広景は黒丸右衛門入道と号して、安居に弘祥寺を建立しています。また北庄神明神社の社殿を再興したりもしたそうです。

 この広景の時より朝倉氏は斯波氏の家臣として越前に根を下ろすことになり、ここから越前朝倉氏が始まったため、その初代当主とされています。

 1352年(正平7年/観応3)に死去。
 享年98という、大往生でした。

 その家督は子の高景が継ぐことになります。

朝倉家歴代当主

第一代  朝倉広景      1255年~1352年
第二代  朝倉高景      1314年~1372年
第三代  朝倉氏景(大功宗勲)1339年~1405年
第四代  朝倉貞景(大心宗忠)1358年~1436年
第五代  朝倉教景(心月宗覚)1380年~1463年
第六代  朝倉家景      1402年~1451年
第七代  朝倉孝景(英林孝景)1428年~1481年
第八代  朝倉氏景      1449年~1486年
第九代  朝倉貞景      1473年~1512年
第十代  朝倉孝景(宗淳孝景)1493年~1548年
第十一代 朝倉義景      1533年~1573年

朝倉家カテゴリの最新記事