長宗我部盛親 ~長宗我部氏再興への執念の武将

NO IMAGE

 長宗我部盛親とは戦国時代において、四国統一を果たした長宗我部元親の四男にあたり、大坂の陣においては大坂城五人衆の一人に数えられるほどの主力戦力を率い戦いましたが、大坂城は落城。長宗我部氏再興の夢破れた人物として有名です。

 この時代、各地域に有名な戦国大名が現れ、天下を競います。時代の差こそあれ、例えば東北であれば伊達氏であったり、関東ならば北条氏であったり。
 そして四国といえば、この長宗我部氏が有名です。なにぶん、長い名字であるので印象的で、記憶に残るんですね。

 長宗我部氏といえば、長宗我部元親が有名です。一領具足などもよく耳にします。ただ四国を統一した後、しかし秀吉の台頭によって土佐一国の大名に転落してしまうわけですが、その後長宗我部氏どうなったのかは、あまり知られていない印象もあります。

 しかし戦国時代の終わりである大坂の陣において、再び長宗我部の名前が歴史の表に出てくることになるわけです。それが、長宗我部盛親というわけです。

 長宗我部盛親(ちょうそかべ もりちか)
 生年  1575年(天正3年)
 没年  1615年(慶長20年)
 改名  千熊丸(幼名)⇒盛親
 親   父:長宗我部元親 母:斉藤利三妹
 兄弟  香川親和、津野親忠 盛親、右近大夫、康豊
 妻   正室:長宗我部信親の娘
 子   盛恒、盛高、盛信、盛定

兄・信親の戦死により、家督を継ぐ

 1575年、盛親は長宗我部元親の四男として誕生します。本来ならば家督を継ぐことなどありえない立場だったのですが、そこは戦国の世であり、幸か不幸かその機会が巡ってくることになりました。

 1586年に豊臣秀吉の九州征伐の緒戦となる戸次川の戦いにおいて、長宗我部勢も参加。島津勢と戦い、豊臣勢は大敗します。この時に盛親の兄であり嫡男信親が討死しました。

 しかし盛親にはまだ二人の兄がおり、彼が家督相続を果たすのは難しいと思われたのですが、父元親が盛親を推したことで、自体はややこしくなります。

 なぜ元親は盛親を後継者にしようとしたのかですが、まず次男香川親和と三男津野親忠はその名前からも分かるように、すでに他の家を継いでいました。そして元親が溺愛していた信親の血を残すためにその娘と結婚させるには、二人の兄は年齢がいきすぎていたからではないか、ともいわれているようです。

 一方で盛親の性格は短気で傲慢だったらしく、人望が無かったとされています。そのため反対する家臣もいたわけですが、元親はそういった者たちを処断することで、半ば強引に盛親の家督相続を決定しました。

 ただしこのような家督相続は異常なことであり、秀吉や豊臣政権はその相続を認めていなかったともされています。1599年に元親が死去し、盛親が土佐の国主となるわけですが、豊臣政権にそれを認めたような記録が存在しておらず、このような状況はしばらく続くことになります。

関ヶ原の戦いに参加できず

 1600年に関が原の戦いが勃発します。盛親は西軍に加担。その動機は豊臣政権に自身が土佐の国主であると認めてもらうことにあったようです。
 ただ当初は東軍に味方しようとしていたのですが、その旨を告げる使者も徳川家康に送ろうとしたものの西軍によって阻まれ、結局西軍に味方することになった、ともいわれているようです。

 ともあれ伏見城などを攻略したがら関が原へと向かい、南宮山に布陣。しかし内応していた吉川広家のために毛利勢は動けず、その後ろに布陣していた長宗我部勢は戦況が分からず、結局最後まで戦闘に参加することはできませんでした。

 そしてsの戦いは西軍敗北で終結します。

寺子屋にて

 西軍敗北により、盛親は東軍の追撃を受けつつ撤退。伊賀から和泉、大坂へと逃れ、土佐へと戻りました。

 その後、家康に対して謝罪を試みるも、叶わずに領土没収の憂き目に遭います。これは家臣である久武親直の讒言によって、兄である津野親忠を殺害してしまい、これが家康の怒りを買ってしまったからのようです。

 ともあれ改易となり、長宗我部家は滅亡します。その後に土佐に入ったのが、山内一豊であり、土佐は江戸時代を通して山内氏の支配するところになりました。
 盛親は牢人となり、京都の町人に預けられて蟄居生活を送ることになります。その間に寺子屋にて生計を立てていたというのは、そこそこ有名な話ですね。ちなみにその頃は大岩祐夢と名乗っていたそうです。

大坂の陣に参加

 1614年、大坂の陣が始まります。盛親は豊臣秀頼に招かれ、京都を脱出。大坂に入城します。

 盛親は長宗我部の再興を念願としており、同じく再興を願う旧臣も集まって、大坂城の牢人衆の中で最大の兵力を持ったことで、いわゆる大坂城五人衆(真田信繁、後藤基次毛利勝永明石全登、長宗我部盛親)の一角を為すことになります。

 冬の陣においては真田丸の戦いにおいて、真田丸の支援を担い、井伊直孝隊や松平忠直を撃退。

 夏の陣においては八尾・若江の戦いに参加。藤堂高虎と戦います。
 この戦いにおいて、長宗我部勢は先鋒が壊滅し、家臣であった吉田重親が討死する被害を受けるも、盛親は冷静に敵を引き付けた上で反撃。これが緒戦に勝って調子付いていた藤堂勢にとっては思わぬ反撃であり、逆に藤堂勢の先陣が壊滅してしまいます。

 その上で盛親は猛攻撃を仕掛けたため藤堂勢は大混乱となり、潰走する羽目になりました。これによって藤堂高虎も逃げ回り、甥の藤堂高刑や桑名吉成が戦死。

 しかし若江方面にて木村重成の別働隊が壊滅したことで、盛親は敵中で孤立してしまいます。そのため撤退を余儀なくされるわけですが、この八尾の戦いかもしくは撤退時に長宗我部勢は大損害を受けたようで、実質壊滅しています。
 そのため最終決戦である天王寺・岡山の戦いでは参加できず、大坂城に留まったようです。

その最期

 天王寺・岡山の戦いにて豊臣方が敗北し、大坂城は落城。盛親は脱出して京都の八幡付近に潜んでいましたが、捕らえられて伏見に護送されました。

 自刃する豊臣方の武将が多くいた中、盛親はひたすら生き延びることに執念を燃やします。その理由として、大将たるもの軽々しく自害などせず、常に再起の可能性を考えるべきであると徳川方に告げ、命乞いをしましたが受け入れられず、京都大路を引き回しの上斬首となりました。享年41。

 その最期は、死に及んでいささかも怯じたる気配もなし、という記録が残っており、武将としての矜持を貫いた立派な最期であったようです。

長宗我部盛親 関係年表

 1575年 長宗我部元親の四男として誕生。
 1586年 戸次川の戦いにて兄・信親戦死。
 1590年 小田原征伐に参加。
 1592年 朝鮮出兵に参加。
 1599年 父・元親死去。
 1600年 関が原の戦い。西軍として参加するも敗北。
 1614年 大坂冬の陣。
 1615年 大坂夏の陣。八尾・若江の戦いに参加。藤堂高虎勢と戦う。
     京都八幡にて捕縛。六条河原にて斬首。享年41。

補足だか蛇足だか

信長の野望 創造 戦国立志伝より、能力値

  統率 武勇 知略 政治
長宗我部盛親  76  73  70  35

 知勇兼備の武将。ただし政治に関しては悲劇的。一大名としては残念な政治能力ですが、盛親が主に活躍したのは大名でなくなってからですからね。

人物カテゴリの最新記事